コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海と毒薬 ウミトドクヤク

デジタル大辞泉の解説

うみとどくやく【海と毒薬】

遠藤周作の小説。昭和32年(1957)「文学界」誌に発表。太平洋戦争中に起きた九大生体解剖事件を題材に、生命の尊厳と戦争の狂気を描く。昭和61年(1986)の熊井啓監督・脚本による映画化作品は、第60回キネマ旬報ベストテンの日本映画ベストワン作品、また第41回毎日映画コンクール日本映画大賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

海と毒薬

1986年公開の日本映画。監督・脚本:熊井啓、原作:遠藤周作による同名小説、美術:木村威夫。出演:奥田瑛二渡辺謙成田三樹夫、西田健、神山繁、岸田今日子、根岸季衣ほか。太平洋戦争末期に行われた戦争捕虜の生体解剖実験を描く社会派ドラマ。第60回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・ワン作品。第29回ブルーリボン賞監督賞受賞。第41回毎日映画コンクール日本映画大賞、監督賞、美術賞、男優主演賞(奥田瑛二)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

海と毒薬の関連キーワードベルリン国際映画祭日本映画史(年表)岸田 今日子成田 三樹夫遠藤 周作田村 高広岡田 真澄戦争文学大塚 和岩尾芳耕黒木優美三谷侑未加藤忠男大塚和草野裕

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海と毒薬の関連情報