海と毒薬

デジタル大辞泉プラス「海と毒薬」の解説

海と毒薬

遠藤周作小説。太平洋戦争末期に行われた戦争捕虜の生体解剖実験を描く。1958年刊行。第12回毎日出版文化賞受賞
②1986年公開の日本映画。①を原作とする。監督・脚本熊井啓美術木村威夫。出演:奥田瑛二渡辺謙成田三樹夫、西田健、神山繁、岸田今日子、根岸季衣ほか。第60回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・ワン作品。第29回ブルーリボン賞監督賞受賞。第41回毎日映画コンクール日本映画大賞、監督賞、美術賞、男優主演賞(奥田瑛二)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「海と毒薬」の解説

うみとどくやく【海と毒薬】

遠藤周作の小説。昭和32年(1957)「文学界に発表。太平洋戦争中に起きた九大生体解剖事件を題材に、生命の尊厳と戦争の狂気を描く。
を原作とする映画。熊井啓監督・脚本、昭和61年(1986)公開。第60回キネマ旬報ベストテンの日本映画ベストワン作品、また第41回毎日映画コンクール日本映画大賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android