コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海上捕獲 カイジョウホカク

デジタル大辞泉の解説

かいじょう‐ほかく〔カイジヤウホクワク〕【海上捕獲】

交戦国が公海または領海で、敵国艦船やその貨物、あるいは中立違反の嫌疑のあるものなどを捕獲すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいじょうほかく【海上捕獲】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海上捕獲
かいじょうほかく

捕獲」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海上捕獲
かいじょうほかく
maritime capture

国際法上の用語で、戦時に交戦国の軍艦が、敵の船もしくは貨物、または一定の中立船もしくは中立貨物を、公海または交戦国いずれかの領海で捕獲することをいう。海上捕獲が認められるのは、第一に、敵の船と、それに積まれた敵の貨物である。敵の船は、公船たると私船たるとを問わず、原則として捕獲される。ただし、病院船、学術・博愛・宗教の任務をもつ船、沿岸漁業や沿岸航海に従事する船は捕獲されない。敵の船に積まれた貨物は敵の貨物と推定され、中立性が立証されない限り捕獲される。また中立貨物であっても、戦時禁制品であれば捕獲される。第二に、一定の中立船および中立貨物は捕獲される。その一として、封鎖を侵破した中立船およびその積み荷はすべて捕獲される。その二として、中立船上の敵の貨物および敵地に仕向けられた中立貨物は、それらが戦時禁制品であれば捕獲される。禁制品が、価格・体積・運賃・重量のいずれかで全積み荷の半分以上を占める場合には、その中立船も捕獲される。その三として、敵国の軍事的利益となる行為を行った中立船は捕獲される。
 捕獲の手続としては、軍艦が臨検・捜索を行い、理由があれば拿捕(だほ)し、本国に引致する。引致された船舶と貨物について、本国の捕獲審検所が審検を行い、その検定によって捕獲の理由があると決定されて、初めて捕獲の効力が確定する。[石本泰雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の海上捕獲の言及

【捕獲】より

…敵兵力を構成する船舶,すなわち軍艦が直接攻撃の対象となり,拿捕された場合には戦利品bootyとして直ちに没収されるのと異なり,私船および商業目的の公船は捕獲手続を経てはじめて捕獲物prizeとなる。海戦法規の整備に伴い定着した制度で,海上捕獲とも呼ばれる。この制度の主要な目的は,交戦権の行使と,中立通商の保護の調整にある。…

※「海上捕獲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海上捕獲の関連キーワードオットセイ保護条約ロンドン宣言捕獲審検所交戦権臨検敵性拿捕

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android