蟯虫(読み)ぎょうちゅう(英語表記)pinworm

翻訳|pinworm

日本大百科全書(ニッポニカ)「蟯虫」の解説

蟯虫
ぎょうちゅう
pinworm
[学] Enterobius vermicularis

線形動物門双腺(そうせん)綱蟯虫目蟯虫科に属する寄生虫。ヒトの盲腸、虫様突起、結腸始部に寄生する。世界各地に分布するが、熱帯地方よりも温帯地方に多い。体は白色で細く、尾の先端はとがっている。体長3~5ミリメートル、尾端は腹側に曲がる。は体長8~13ミリメートル。

 雌は成熟して子宮にが充満すると、夜間ヒトが睡眠中に結腸、直腸を下り、肛門(こうもん)の外に出て肛門周囲に5000~1万5000個の卵を産み付け、そこで死ぬ。雄はこのような移動をしない。卵のかたちはカキの種子に似ており、産卵後6、7時間で感染力を備えた含幼虫卵になる。このような卵が手指に付着して経口的に飲み込まれたり、下着や寝具に付着し、放出されて塵(ちり)とともに吸い込まれたりする。ヒトの体に入った卵は十二指腸で幼虫が孵化(ふか)し、発育ののち盲腸に達し、卵摂取後15~43日で成虫となる。

 蟯虫は肛門周囲に産卵するので、いわゆる糞便(ふんべん)検査では卵がみつからない。このためセロファンテープを利用した検査紙があり、これを起床直後の排便前に肛門周囲にあてて卵を付着させる。少数寄生の場合1回の検査では検出率が低いので、少なくとも3日連続して検査する必要がある。

 蟯虫症は、肛門周囲のかゆみのため、局所をかいて皮膚炎や湿疹(しっしん)、子供では睡眠不足、注意力散漫などの神経症をおこす。なお、ウマにはウマ蟯虫Oxyuris equi、ネズミにはネズミ盲腸蟯虫Syphacia obvelataなどが寄生する。

[町田昌昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「蟯虫」の解説

蟯虫
ぎょうちゅう
Enterobius vermicularis; pinworm; seatworm

世界各地に分布するヒトに固有の寄生虫。おもに小児に寄生し成人には少い。白色をした紡錘形の小線虫で,体長は雄2~5mm,雌8~13mm。成虫はヒトの盲腸,直腸,大腸に寄生するが,雌虫は腸内で産卵せず,夜間,肛門付近に出てきて,その周辺に1回に 6000~1万個もの卵を産みつける。産卵時に雌虫が肛門を刺激するため,特に幼児は激しいかゆみを覚え,局所をかくことによって手指に卵が付着し,これを口に運んで経口的に感染して蟯虫症を起すことが多い。さらに,皮膚炎や湿疹を生じ,睡眠が妨げられたり,夜泣きや神経症を起すこともある。したがって,予防には下着をよく洗い,直射日光で十分に乾燥させること,しばしば手を洗うことが大切である。診断は糞便には虫卵の出てこないことが多いので,セロファンテープなどの粘性を利用して肛門周辺を拭い,これを直接,顕微鏡で調べる。治療には,駆虫剤を用いたり,肛門周辺に水銀軟膏の塗布を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「蟯虫」の解説

ぎょう‐ちゅう ゲウ‥【蟯虫】

〘名〙 ギョウチュウ科の線虫類。雌の方が大きく体長約一センチメートル、雄は二~五ミリメートル。白色の細い紡錘形で、雄は尾端を腹側に巻いている。成虫は、人体、特に幼児の盲腸、大腸やその付近の腸管内に寄生。雌は夜間、肛門からはい出してその付近に産卵する。卵は数時間で感染可能な仔虫(しちゅう)となり、手足についたりして人の口へはいる。
※全九集(1566頃)五「蟯虫、いかにも細かなり。胴腸に居す」

じょう‐ちゅう ゼウ‥【蟯虫】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蟯虫」の解説

ぎょう‐ちゅう〔ゲウ‐〕【×蟯虫】

線虫綱蟯虫科の袋形動物。体は糸状で、体長約1センチ。雄のほうが小さい。人間の盲腸などに寄生。雌は夜間に肛門からはい出して周辺に卵を産みつける。肛門周辺部の不快なかゆみがあり、虫卵は経口的に摂取される。

じょう‐ちゅう〔ゼウ‐〕【×蟯虫】

ぎょうちゅう(蟯虫)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android