コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎毒 たいどくinfant eczema

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胎毒
たいどく
infant eczema

乳幼児の頭部,頸部などにできる慢性皮膚病。土俗的医療観である「が病因となる」という考え方から,母胎内で受けた毒によるものとして,この病名が生れた。先天梅毒によるものは例外で,普通は脂漏性湿疹膿痂疹のように,アレルギー現象による素質的なものや,細菌の原感染,あるいは2次感染によるものが大部分である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たい‐どく【胎毒】

乳幼児の頭や顔にできる皮膚病の俗称。母体内で受けた毒が原因と思われていた。現代医学では、脂漏性湿疹(しっしん)、急性湿疹膿痂疹(のうかしん)性湿疹などをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいどく【胎毒】

小児の体にできる皮膚病の通称。母胎内で受けた毒が発したと考えていわれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胎毒
たいどく

乳幼児の頭部や顔面にみられる湿疹(しっしん)の古い俗称で、現代医学的には一部の先天性梅毒によるものを除き、大部分は脂漏性湿疹や急性湿疹などの体質的なものか、ブドウ球菌による膿痂疹(のうかしん)性湿疹である。古来、母体内で受けた毒によりおこると考えて胎毒とよび、やたらに治療すると内攻するなどといわれ、駆(くおけつ)剤の川(せんきゅう)や大黄(だいおう)などを含む胎毒下(くだ)しを服用していた。これらはいずれも誤りで、それぞれの原因に応じた治療を早期に行うべきである。[新井正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

胎毒の関連キーワード代・体・台・堆・大・太・対・對・帯・帶・待・怠・態・戴・擡・替・殆・泰・滞・滯・耐・胎・腿・苔・袋・褪・諦・貸・退・逮・隊・頽・體・黛毒・独・獨・読・讀乳幼児天然痘乳つけ小児通称五香

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胎毒の関連情報