コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉茱萸 ゴシュユ

3件 の用語解説(呉茱萸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐しゅゆ【呉××萸】

ミカン科の落葉小高木。葉は7枚または9枚の小葉からなる羽状複葉雌雄異株。初夏、緑白色の小花が集まって咲く。赤い実は漢方薬として頭痛・嘔吐(おうと)に用いられる。中国の原産で、日本には享保年間(1716~1736)に渡来。 花=夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ごしゅゆ【呉茱萸】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ミカン科ゴシュユの果実を乾燥したもの。鎮痛利尿健胃、体温を上げるといった作用がある。頭痛嘔吐(おうと)悪心(おしん)に効く呉茱萸湯(とう)冷え症慢性頭痛神経痛に効く当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)などに含まれる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごしゅゆ【呉茱萸】

ミカン科の落葉小高木。中国原産。古く日本に渡来し、薬用に栽培。葉は卵形の小葉から成る羽状複葉。雌雄異株。夏、枝頂に淡緑白色の小花を多数つけ、平球形で赤褐色の蒴果を結ぶ。果実は香気と辛みがあって健胃・鎮痛・駆虫などの薬用にされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呉茱萸の関連キーワード阿膠遠志十薬川骨当薬柿蔕前胡蘇木大腹皮良姜

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

呉茱萸の関連情報