コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活量 かつりょうactivity

翻訳|activity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

活量
かつりょう
activity

活動度ともいう。溶液や混合気体の物理化学的な諸性質,たとえば蒸気圧降下,浸透圧,凝固点降下などの大きさは0次近似ではその溶液中に含まれる成分の濃度で決るが,実際には分子間力による分子同士の相互作用があるため,実際の濃度をあてはめても,これらの諸性質の実測値とは合わない。また化学平衡の際にも質量作用の法則は反応物質や生成物質の実際の濃度を適用するときには厳密に成立しない。そこでこれらの諸性質や法則が成立するために実際の濃度の代りに用いるべき量を活量という。つまり活量は,分子間相互作用がないと考えた場合の理想化された濃度であり,実効濃度としての意味をもつ量である。したがって,熱力学的な考察をする場合には実際の濃度の代りに活量が使われる。溶液のi 成分の活量,実際の濃度,および化学ポテンシャルをそれぞれ aixi ,μi とすると, の関係がある。 は標準状態におけるi 成分の化学ポテンシャルと呼ばれる定数である。また活量と実際の濃度の比 ai/xi を活量係数という。すなわち活量係数は実効濃度である活量が実際の濃度からずれる度合を示す。活量は温度,圧力,組成によって変化する。また理想溶液では活量と実際の濃度は一致し,活量係数も1に等しい。活量は理論的にデバイ=ヒュッケルの理論で求められる場合もあるが,実際は蒸気圧,浸透圧,沸点上昇,凝固点降下,電池の起電力などから実測される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かつ‐りょう〔クワツリヤウ〕【活量】

活動度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かつりょう【活量】

気体や溶液の性質を理論的に扱う際に、濃度の代わりに用いる量。特に強電解質溶液や、弱電解質溶液であっても高濃度の溶液などでは、分子あるいはイオン間の相互作用のために実際の濃度の値をそのまま用いることができないので、実効的な濃度として活量を用いる。活動度。活動濃度。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

活量
かつりょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の活量の言及

【活動度】より

…溶液の一種の実効濃度で,活量ともいう。実在系に対する熱力学理論の展開において,G.N.ルイス(1907)により導入された概念である。…

※「活量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

活量の関連キーワードネルンストの式(平衡電位の式)ネルンストの式(平衡電極電位)デバイ‐ヒュッケルの極限法則ブレンステッド‐ビェルムの式デバイ=ヒュッケルの理論ネルンストの式(電溶圧)ネルンストの起電力の式デバイ‐ヒュッケルの式ファントホッフの等温式気流速度係数(呼吸器)セーレンセンのpH値ギブスの吸着等温式%肺活量(%VC)イオン選択性電極ファンラールの式スパイロメーター平衡定数(化学)マーギュレスの式ギブスの吸着式水素イオン活量

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android