コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深砂鉱床 しんさこうしょう deep lead; buried placer

2件 の用語解説(深砂鉱床の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深砂鉱床
しんさこうしょう
deep lead; buried placer

砂鉱床がその後の堆積岩,溶岩流などによって被覆されたものをいう。砂鉱床は流水あるいは波浪の破砕その他によって,有用鉱物が砂礫中に多量に含まれている鉱床で,沖積平原,海岸・河岸段丘などにみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

深砂鉱床

一般に埋没した砂鉱床礫で,例えば金を産出するものに用いる.砂鉱床は100m程度フィートの深さに埋まっていることがある.この語はもとはオーストラリアニュージーランドの水没した礫に用いたが,このようなものはアラスカカリフォルニアシベリアでも知られている[Edwards : 1938, Bateman : 1952].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

深砂鉱床の関連キーワード一般項気成鉱床砂鉱床漂砂鉱床珪化木砂鉱錫石袖湊埋没林鉱染鉱床

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone