コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深砂鉱床 しんさこうしょうdeep lead; buried placer

2件 の用語解説(深砂鉱床の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深砂鉱床
しんさこうしょう
deep lead; buried placer

砂鉱床がその後の堆積岩,溶岩流などによって被覆されたものをいう。砂鉱床は流水あるいは波浪の破砕その他によって,有用鉱物が砂礫中に多量に含まれている鉱床で,沖積平原,海岸・河岸段丘などにみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岩石学辞典の解説

深砂鉱床

一般に埋没した砂鉱床礫で,例えば金を産出するものに用いる.砂鉱床は100m程度フィートの深さに埋まっていることがある.この語はもとはオーストラリアニュージーランドの水没した礫に用いたが,このようなものはアラスカカリフォルニアシベリアでも知られている[Edwards : 1938, Bateman : 1952].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone