深衣(読み)しんい

世界大百科事典 第2版の解説

しんい【深衣】

古代から中国の上流階級で行われていた衣服様式をいう。上衣(衣)と下衣(裳)を腰の部分でつなげたもの。漢民族の衣服は元来,衣と裳が分離した二部式であった。春秋時代(前8世紀~前5世紀)に入ると,広袖垂領の短衣にひだつきの裳をつないだ一部式のゆったりした衣があらわれ,これを深衣と呼んだ。深衣の衿と袖口,裾回りには必ず縁どりがつけられた。深衣はその後の文武百官や宮廷婦人の祭服朝服の基本衣となったばかりでなく,上流士人,儒者,道士などの常服(道服)として後世まで用いられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android