コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清新体 せいしんたいdolce stil nuovo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清新体
せいしんたい
dolce stil nuovo

13世紀後半フィレンツェを中心とするトスカナ地方に興った詩風。神に対する愛と女性に対する愛との照応を主題にするものが多い。代表的な詩人はグィニツェッリ,G.カバルカンティ,ラーポ・ジャンニ,チーノ・ダ・ピストイアなど。また「清新体」の呼称はダンテが『神曲』 (煉獄編 24歌) のなかで用いたものであり,ダンテ自身も初期の詩集『新生』にみられるように「清新体」派の代表者の一人であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいしんたい【清新体 dolce stil novo】

13世紀から14世紀にかけてフィレンツェを中心に活躍したイタリアの詩派。この呼称は青年時代この流派に加わったダンテが《神曲》の中で用いたもので(煉獄篇第24歌),シチリア派や旧世代のトスカナの詩人から自分たちの詩風を区別する〈新しい優美な様式〉を指していったものである。この流派の創始者とされるのはボローニャ出身の詩人グイニツェリ(1240ころ‐76)であり,ダンテのほか,G.カバルカンティ,チーノ・ダ・ピストイア(1270ころ‐1337ころ)らが代表的詩人である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の清新体の言及

【イタリア文学】より

…現に,フェデリコ2世はギリシア語,ラテン語,イタリア俗語をはじめ,フランス,ドイツ,アラビアの諸語にも通じていたと言われる。しかしながら13世紀後半,ホーエンシュタウフェン家の没落とともに,〈シチリア派〉の宮廷詩人たちも四散して,彼らの詩は北イタリアにひろまり,同じくプロバンスの詩を別個に継承しつつあったボローニャの詩人たちの詩法と影響しあって,トスカナ地方に〈清新体〉の詩を生みだした。 〈清新体〉派の代表的詩人はダンテ・アリギエーリであり,この新しい詩法は《新生》のなかに書きこまれている。…

※「清新体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone