コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清暑益気湯 せいしょえっきとう

1件 の用語解説(清暑益気湯の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

せいしょえっきとう【清暑益気湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)人参(にんじん)白朮(びゃくじゅつ)または蒼朮(そうじゅつ)麦門冬(ばくもんどう)当帰(とうき)黄耆(おうぎ)陳皮(ちんぴ)黄柏(おうばく)五味子(ごみし)甘草(かんぞう)などを含む。明(みん)代の医学書『医学六要(いがくりくよう)』などに処方が示されている。食欲不振、下痢疲労倦怠(けんたい)などに用い、暑さによる影響が大きいとき、とくに有効とされる。体力の低下した人がおもな対象。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清暑益気湯の関連キーワード漢方薬生薬和漢薬漢薬薬酒草薬方薬和薬上薬処方薬

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone