清暑益気湯(読み)せいしょえっきとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

せいしょえっきとう【清暑益気湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)人参(にんじん)白朮(びゃくじゅつ)または蒼朮(そうじゅつ)麦門冬(ばくもんどう)当帰(とうき)黄耆(おうぎ)陳皮(ちんぴ)黄柏(おうばく)五味子(ごみし)甘草(かんぞう)などを含む。明(みん)代の医学書『医学六要(いがくりくよう)』などに処方が示されている。食欲不振、下痢疲労倦怠(けんたい)などに用い、暑さによる影響が大きいとき、とくに有効とされる。体力の低下した人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android