コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水晴風 しみず せいふう

美術人名辞典の解説

清水晴風

郷土玩具蒐集家。江戸生。通称は仁兵衛。大名諸候の人夫請負を業としていた。俗に玩具博士と呼ばれ、明治初年以来郷土玩具の蒐集と研究において斯界先覚者といわれる。著書に『うなひの友』『神田の傳説』等がある。大正2年(1913)歿、63才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水晴風 しみず-せいふう

1851-1913 明治-大正時代の玩具(がんぐ)研究家。
嘉永(かえい)4年1月10日生まれ。家業運送業をいとなむかたわら,各地の郷土玩具の収集と研究にあたり,「玩具(おもちゃ)博士」とよばれる。明治24年玩具紹介の画集「うなゐのとも」を刊行。大正2年7月16日死去。63歳。江戸出身。通称は仁兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清水晴風
しみずせいふう
(1851―1913)

明治時代の玩具(がんぐ)研究家。本名仁兵衛。江戸・神田の生まれ。全国の伝承的な人形玩具類を初めて紹介した画集『うなゐの友』(6編)の著者。1895年(明治28)、代々の家業(運送業)をほかに譲って人形玩具愛好運動に専心、「玩具博士」とよばれた。『うなゐの友』は彼の死後西沢笛畝(てきほ)が引き継ぎ10編まで完成。近世玩具研究の貴重な文献とされている。[斎藤良輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の清水晴風の言及

【郷土玩具】より

…ところがこれとは逆に,日本古来のこの種の玩具にかえって郷愁と魅力とを感じとる趣味人,好事家たちの間には,これまでの子どもに代わって,今度は成人の趣味玩具としてこれらを収集,愛玩する機運が生じてきた。それを推進する指導的立場にあったのが東京神田の玩具研究家清水晴風(仁兵衛)である。彼は全国各地に散在するこの種の伝承玩具人形類を採集してそれらを描いた画集《うなゐの友》を1891年に発行し,1913年まで6編を刊行した。…

※「清水晴風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清水晴風の関連キーワード安藤広重(四代)坪井 正五郎西沢笛畝大正時代嘉永

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android