コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水金太郎 しみず きんたろう

2件 の用語解説(清水金太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水金太郎 しみず-きんたろう

1889-1932 大正-昭和時代前期のバリトン歌手。
明治22年2月2日生まれ。44年帝国劇場歌劇部にはいる。イタリア人演出家ローシーの赤坂ローヤル館の歌手をへて,大正7年から浅草日本館,金竜館などを根拠とし,藤原義江,田谷力三(たや-りきぞう)らと浅草オペラ黄金時代をつくった。昭和7年4月30日死去。44歳。東京出身。東京音楽学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

清水金太郎

没年:昭和7.4.30(1932)
生年:明治22.2.1(1889)
明治から昭和にかけての声楽家(バリトン)で,浅草オペラの中心人物。東京生まれ。明治43(1910)年東京音楽学校卒業。45年から帝国劇場歌劇部の幹部俳優・教師となり,2月の「熊野」で初舞台。来日したイタリアの演出家ローシーの指導で活躍。大正5(1916)年の歌劇部解散で,赤坂のローシーのローヤル館に移り,同館閉鎖直前の7年2月から,日本館の東京歌劇座に加入。浅草オペラで名作歌劇喜歌劇を編作上演する先鞭を付ける。以後妻静子と共に新星歌劇団を経て,金竜館の根岸歌劇団と震災後の森歌劇団の総帥格で活躍し,音楽大衆化に貢献。浅草オペラ消滅後,一時軽喜劇にも加わるが,42歳で病死。愛称シミキンは後年清水金一が受け継ぐ。

(増井敬二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水金太郎の関連キーワード上田耕甫バリトン唐行き声楽家旧帝大バリトンサキソホンバリトンサックス小杉放菴ガラス乾板荻江ひさ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone