コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水金太郎 しみず きんたろう

2件 の用語解説(清水金太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水金太郎 しみず-きんたろう

1889-1932 大正-昭和時代前期のバリトン歌手。
明治22年2月2日生まれ。44年帝国劇場歌劇部にはいる。イタリア人演出家ローシーの赤坂ローヤル館の歌手をへて,大正7年から浅草日本館,金竜館などを根拠とし,藤原義江,田谷力三(たや-りきぞう)らと浅草オペラ黄金時代をつくった。昭和7年4月30日死去。44歳。東京出身。東京音楽学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

清水金太郎

没年:昭和7.4.30(1932)
生年:明治22.2.1(1889)
明治から昭和にかけての声楽家(バリトン)で,浅草オペラの中心人物。東京生まれ。明治43(1910)年東京音楽学校卒業。45年から帝国劇場歌劇部の幹部俳優・教師となり,2月の「熊野」で初舞台。来日したイタリアの演出家ローシーの指導で活躍。大正5(1916)年の歌劇部解散で,赤坂のローシーのローヤル館に移り,同館閉鎖直前の7年2月から,日本館の東京歌劇座に加入。浅草オペラで名作歌劇喜歌劇を編作上演する先鞭を付ける。以後妻静子と共に新星歌劇団を経て,金竜館の根岸歌劇団と震災後の森歌劇団の総帥格で活躍し,音楽大衆化に貢献。浅草オペラ消滅後,一時軽喜劇にも加わるが,42歳で病死。愛称シミキンは後年清水金一が受け継ぐ。

(増井敬二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

清水金太郎の関連キーワード満州国犬養毅内閣斎藤実内閣詩と詩論ドイツ映画仙台(市)饗庭篁村広島(市)イブンサウードアメリカ合衆国

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone