コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原義江 ふじわらよしえ

7件 の用語解説(藤原義江の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原義江
ふじわらよしえ

[生]1898.12.5. 下関
[没]1976.3.22. 東京
テノール歌手。日本のオペラの開拓者。初めは戸山英次郎の芸名で浅草オペラに出演。 1919年イタリアに留学し,のちに欧米各地のオペラに出演。山田耕筰の日本楽劇協会の歌劇運動に協力し,34年藤原歌劇団を創立し,主宰者,スター歌手として経済的困難と戦いつつ日本に歌劇を定着させるため活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐よしえ〔ふぢはら‐〕【藤原義江】

[1898~1976]テノール歌手。山口の生まれ。藤原歌劇団を創設し、日本のオペラ運動の先駆者となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤原義江【ふじわらよしえ】

テノール歌手。下関生れで父は英国人。新国劇をへて戸山英次郎の名で浅草オペラにデビュー。1920年イタリアに留学,欧米各国でリサイタル活動を行う。1934年藤原歌劇団を創設,同歌劇団を率いて3度(1952年,1953年,1956年)の渡米公演を行うなど日本のオペラ運動の推進に大きく貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原義江 ふじわら-よしえ

1898-1976 大正-昭和時代のテノール歌手。
明治31年8月21日(戸籍上は12月5日)大阪生まれ。父はイギリス人N.B.リード新国劇をへて浅草オペラでデビュー。大正9年イタリアに留学,欧米各地でリサイタルをおこなう。昭和3年中上川アキ(藤原あき)と結婚,のち離婚。9年藤原歌劇団を創設した。17年レジオン-ドヌール勲章。23年芸術院賞。昭和51年3月22日死去。77歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらよしえ【藤原義江】

1898‐1976(明治31‐昭和51)
テノール歌手。父はイギリス人。新国劇を経て,1918年戸山英次郎の名で浅草オペラにデビュー。20年イタリアに留学,その美声に磨きをかけ,欧米各地で演奏活動を行う。34年藤原歌劇団を組織,《ラ・ボエーム》の公演を皮切りに,数多くのオペラの日本初演を行い,日本におけるオペラ運動の中核となった。美声と容姿に恵まれ広く人気を得た。第2次世界大戦後は藤原歌劇団の渡米公演を3度試みる(1952,53,56)など,つねに時代に先んじた積極的な行動を続けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじわらよしえ【藤原義江】

1898~1976) テノール歌手。山口県生まれ。藤原歌劇団を創設。「我らのテナー」として人気が高かった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原義江
ふじわらよしえ
(1898―1976)

テノール歌手。明治31年12月5日山口県下関(しものせき)市生まれ。父は駐日ノルウェー総領事でイギリス人のリード。11歳で上京、1917年(大正6)新国劇に大部屋俳優として参加、一時、沢田の命名による戸山英二郎を名のったが、18年、田谷力三(たやりきぞう)の美声に魅せられ、オペラ歌手に転向、浅草オペラの創始者伊庭孝(いばたかし)のもとで活躍した。20年イタリアに留学、ミラノでガラッシ、ピネッティに師事、21年ロンドンのデビュー・リサイタルで認められ、以後、天性の魅力、楽天主義、体当たり主義で各界の有力者と知己になり、欧米の大都市の独唱会では「東洋のバレンチノ」と騒がれた。『朝日新聞』はこれを「我等(われら)のテナー」の見出しで報じ、22年の帰国第1回リサイタルは空前の人気を集めた。28年(昭和3)医学博士夫人・宮下あき(旧姓中上川(なかみがわ)、後の藤原あき)と結婚、「世紀の恋」の話題をまくが、53年(昭和28)離婚。34年藤原歌劇団を結成、本格的なオペラを日本の土にしようと、第二次世界大戦の始まるまでオペラとリサイタルの両面で内外で活躍。また『波浮(はぶ)の港』『出船』『鉾(ほこ)をおさめて』などの日本歌曲をレコードを通じて広く普及させた。戦後は52年に団員を率いて『蝶々(ちょうちょう)夫人』のニューヨーク公演を成功させた。47年度の芸術院賞を受賞。67年歌手業を引退。自伝『流転七十五年』がある。昭和51年3月22日死去。[寺崎裕則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原義江の関連キーワードイギリスオランダ戦争テノール記号イギリス巻イギリス組曲ジョン・ブルノース・チャイナ・ヘラルドピアーズイギリス人《生れの正しいイギリス人》イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤原義江の関連情報