コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清洲藩 きよすはん

藩名・旧国名がわかる事典の解説

きよすはん【清洲藩】

江戸時代初期、尾張(おわり)国春日井郡(かすがいぐん)清洲(現、愛知県 清須市)に藩庁をおいた親藩(しんぱん)。1582年(天正(てんしょう)10)の本能寺の変織田信長(おだのぶなが)が横死(おうし)すると、織田氏ゆかりの清洲城で羽柴秀吉(はしばひでよし)(豊臣(とよとみ)秀吉)が主導する清洲会議が開かれ、信長の孫の三法師(のちの織田秀信(ひでのぶ))を信長の後継者と決め、信長の次男信雄(のぶかつ)は清洲城主にすえおかれた。90年、信雄は秀吉によって下野(しもつけ)国に追われ、代わった秀吉の甥の豊臣秀次(ひでつぐ)も、95年(文禄4)に謀反の罪で切腹させられた。代わって福島正則(まさのり)が城主となったが、1600年(慶長(けいちょう)5)の関ヶ原の戦いで東軍に与して戦功をあげ、徳川家康(とくがわいえやす)から安芸(あき)国 広島藩へ加増移封(いほう)された。代わって家康の4男松平忠吉(ただよし)が52万石で入り清洲藩が成立した。しかし忠吉は、07年に無嗣(むし)のまま急死、清洲藩は廃藩となった。その後尾張には家康の9男義直(よしなお)が入るが、新しく愛知郡に名古屋城を築城して尾張藩(名古屋藩)を立藩、清洲城は破却された。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清洲藩
きよすはん

江戸初期、尾張(おわり)国(愛知県)清洲周辺を領した藩。1600年(慶長5)関ヶ原の戦い後、徳川家康の四男松平忠吉(ただよし)が清洲城主(52万石)に封ぜられたが、7年後に没し、異母弟徳川義直(よしなお)が入封。義直の名古屋城(尾張藩)移転により藩名消失。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android