コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清洲藩 きよすはん

3件 の用語解説(清洲藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清洲藩
きよすはん

江戸時代初期,尾張国 (愛知県) 春日井郡を領有した藩。慶長5 (1600) 年,家康の子松平忠吉が 52万石で入封。嗣子なく,弟義直が継ぎ,同 12年名古屋へ移り,除封,廃藩。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典の解説

きよすはん【清洲藩】

江戸時代初期、尾張(おわり)国春日井郡(かすがいぐん)清洲(現、愛知県 清須市)に藩庁をおいた親藩(しんぱん)。1582年(天正(てんしょう)10)の本能寺の変織田信長(おだのぶなが)が横死(おうし)すると、織田氏ゆかりの清洲城で羽柴秀吉(はしばひでよし)(豊臣(とよとみ)秀吉)が主導する清洲会議が開かれ、信長の孫の三法師(のちの織田秀信(ひでのぶ))を信長の後継者と決め、信長の次男信雄(のぶかつ)は清洲城主にすえおかれた。90年、信雄は秀吉によって下野(しもつけ)国に追われ、代わった秀吉の甥の豊臣秀次(ひでつぐ)も、95年(文禄4)に謀反の罪で切腹させられた。代わって福島正則(まさのり)が城主となったが、1600年(慶長(けいちょう)5)の関ヶ原の戦いで東軍に与して戦功をあげ、徳川家康(とくがわいえやす)から安芸(あき)国 広島藩へ加増移封(いほう)された。代わって家康の4男松平忠吉(ただよし)が52万石で入り清洲藩が成立した。しかし忠吉は、07年に無嗣(むし)のまま急死、清洲藩は廃藩となった。その後尾張には家康の9男義直(よしなお)が入るが、新しく愛知郡に名古屋城を築城して尾張藩名古屋藩)を立藩、清洲城は破却された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清洲藩
きよすはん

江戸初期、尾張(おわり)国(愛知県)清洲周辺を領した藩。1600年(慶長5)関ヶ原の戦い後、徳川家康の四男松平忠吉(ただよし)が清洲城主(52万石)に封ぜられたが、7年後に没し、異母弟徳川義直(よしなお)が入封。義直の名古屋城(尾張藩)移転により藩名消失。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清洲藩の関連キーワード尾張尾張旭尾張家愛知県西春日井郡豊山町青山愛知県春日井市春日井町愛知県西春日井郡豊山町豊場愛知県西春日井郡尾張穂草加藤新右衛門鬼頭景義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone