コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

difference

翻訳|difference

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説



difference

2つの量の間の違い。引き算の答。歴史的には |xy| として,「大きいほうから小さいほうを引く」形で使って,xy などと書いたこともあったが,負数の概念の確立以後は,xy の大小にかかわりなく,xy の意味に使うことが多い。この場合,y という状態から x という状態に達するまでの変化を表わして,たとえば時間と時刻の2時 + 3時間 = 5時,3時間 = 5時 - 2時という使い方のように,状態が位置を表わし,変化がベクトルを表わす場合が多い。もっと一般的にはアフィン空間AbCbAC のように,AC が点,bベクトルになる。また,2つの集合 (または量) を比較する場合もあるが,この場合も「人が5人といすが3脚で人が余るかいすが余るか」といったように,異質な集合間の差で,そのままでは5人 - 3脚とか3脚 - 5人とか表わしにくい。いずれにしても,差の問題を考える場合には,負の量の問題が本質的にかかわってくる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さ【差】

物事と物事の間の性質・状態・程度などの違い。へだたり。「大きなをつける」「大したはない」「世代間のを感じる」
ある数や式から他の数や式を引いて得られた結果の数や式。「一点ので敗れる」⇔

さ【差】[漢字項目]

[音](漢) シ(呉)(漢) [訓]さす
学習漢字]4年
〈サ〉
状態・質・数量などの違い。「差異差額差別格差僅差誤差時差大差落差千差万別
人をつかわす。「差遣差配
〈シ〉不ぞろいなさま。「参差(しんし)
〈さし(ざし)〉「差引札差(ふださし)脇差(わきざし)
[名のり]しな・すけ

さし【差(し)/指(し)】

[名]
(「尺」とも書く)ものさし。「―を当てる」
二人で向かい合ってすること。さしむかい。「―で飲む」「―で話す」
二人で荷物を担ぐこと。さしにない。
差し合い1」に同じ。
「五郎兵衛さん、お百さんは―で居なさりやせん」〈洒・辰巳之園
(ふつう「サシ」と書く)謡曲で、拍子に合わせず、少し節をつけてうたう部分。さしごえ。
(ふつう「サシ」と書く)舞楽・能などの舞の型で、手をさし出すように前方へ水平にあげること。
[接頭]動詞に付いて、語調を整えたり意味を強めたりする。「―出す」「―戻す」「―替える」
[接尾]助数詞。
舞の曲数を数えるのに用いる。「一―舞う」
相撲などの番数を数えるのに用いる。
「勝負これによるべきにあらず。ひと―つかうまつるべし」〈著聞集・一〇〉

し【差】[漢字項目]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さ【差】

性質・能力・程度などの違い。ひらき。へだたり。 「寒暖の-が激しい」 「大きな-をつける」 「雲泥うんでいの-がある」
〘数〙 ある数から他の数を引いた値。さしひき。 ↔

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

差の関連キーワードディファレンシャルギア位相差オートフォーカスディファレンシャルギヤディファレンシャル位相差検出方式位相差検出AF一人時間差攻撃血管運動性鼻炎プリセッションU字管圧力計示差熱分析法自然増加率個性心理学微差圧力計横ずれ方式天体大気差価格調整費圧力差計指差確認死差損益

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

差の関連情報