減食(読み)ゲンショク

デジタル大辞泉の解説

げん‐しょく【減食】

[名](スル)
食事の量や回数を減らすこと。「減食して体重を落とす」
かつて刑務所などで、規律に違反した受刑者に科した懲罰の一つで、7日以内の間、食糧分量を減らすこと。旧監獄法で規定されていたもので、現在は行われていない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

げん‐しょく【減食】

〘名〙
① 食事の量や回数をへらすこと。
※社会観察万年筆(1914)〈松崎天民〉蛮カラ列伝「贔負(ひいき)の人や医師などが勧めて、少し減食(ゲンショク)したら宜からうと云ふけれど」 〔韓非子‐難一〕
② 囚人に対する懲罰の一つ。食糧の分量を七日以内減ずること。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「あれが俺達であって見ねエ、黙って減食五日と来る所だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報