減食(読み)ゲンショク

大辞林 第三版の解説

スル
食事の量をへらすこと。 体重をへらすために-する
監獄において、懲罰の一つとして食事の分量を七日以内の期間減らすこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
事の量や回数をへらすこと。
※社会観察万年筆(1914)〈松崎天民〉蛮カラ列伝「贔負(ひいき)の人や医師などが勧めて、少し減食(ゲンショク)したら宜からうと云ふけれど」 〔韓非子‐難一〕
② 囚人に対する懲罰の一つ。食糧の分量を七日以内減ずること。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「あれが俺達であって見ねエ、黙って減食五日と来る所だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android