コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺敏 わたなべ はやし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺敏 わたなべ-はやし

1847-1930 明治-昭和時代前期の教育者。
弘化(こうか)4年1月28日生まれ。もと陸奥(むつ)二本松藩(福島県)藩士。浅岡一の兄。母方の姓をつぐ。福島師範教諭,長野小学校校長などをへて,明治29年長野高女(現長野西高)初代校長となる。女子の体育や登山を奨励した。昭和5年2月21日死去。84歳。東京師範卒。著作に「一罎百験」。
【格言など】一の試験管能(よ)く十余の疑問に答う(「一罎百験」)

渡辺敏 わたなべ-つとむ

わたなべ-はやし

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

渡辺敏

没年:昭和5.2.21(1930)
生年:弘化4.1.28(1847.3.14)
明治大正期の教育者。陸奥国(福島県)の浅岡段介・竿の子として生まれ,戊辰の役に従軍後,母方の渡辺姓を継ぐ。明治8(1875)年東京師範学校卒業後,長野県の仁科学校,福島師範,長野小学校などを経て29年長野高等女学校(長野西高校)の初代校長となる。女子の体育普及に力を入れ服装改善を図ったことで知られる。また科学教育,音楽教育のほか広く社会人教育の普及も唱えた。近代登山に深い関心を持ち,まだ信仰登山が多かった時代に登山をスポーツとしてとらえ,35年から大正5(1916)年の長野高女退職時まで率先して戸隠登山を指導し,多くの女生徒にその喜びを体験させた。<参考文献>長野市教育会『渡辺敏全集』

(梅野淑子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

渡辺敏の関連キーワードスーパー301条カリポス周期岩橋善兵衛ベッセル年賀茂保憲小川清彦七十二候井口常範小川正意渡辺 敏北島見信二十八宿都留重人荒木俊馬八十八夜暦算全書大小暦夜明け大衍暦太陽年

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渡辺敏の関連情報