コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺敏 わたなべ はやし

3件 の用語解説(渡辺敏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺敏 わたなべ-はやし

1847-1930 明治-昭和時代前期の教育者。
弘化(こうか)4年1月28日生まれ。もと陸奥(むつ)二本松藩(福島県)藩士。浅岡一の兄。母方の姓をつぐ。福島師範教諭,長野小学校校長などをへて,明治29年長野高女(現長野西高)初代校長となる。女子の体育や登山を奨励した。昭和5年2月21日死去。84歳。東京師範卒。著作に「一罎百験」。
【格言など】一の試験管能(よ)く十余の疑問に答う(「一罎百験」)

渡辺敏 わたなべ-つとむ

わたなべ-はやし

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

渡辺敏

没年:昭和5.2.21(1930)
生年:弘化4.1.28(1847.3.14)
明治大正期の教育者。陸奥国(福島県)の浅岡段介・竿の子として生まれ,戊辰の役に従軍後,母方の渡辺姓を継ぐ。明治8(1875)年東京師範学校卒業後,長野県の仁科学校,福島師範,長野小学校などを経て29年長野高等女学校(長野西高校)の初代校長となる。女子の体育普及に力を入れ服装改善を図ったことで知られる。また科学教育,音楽教育のほか広く社会人教育の普及も唱えた。近代登山に深い関心を持ち,まだ信仰登山が多かった時代に登山をスポーツとしてとらえ,35年から大正5(1916)年の長野高女退職時まで率先して戸隠登山を指導し,多くの女生徒にその喜びを体験させた。<参考文献>長野市教育会『渡辺敏全集』

(梅野淑子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渡辺敏の関連キーワード陸奥国紙福島県福島市飯坂町浅岡一遠藤正日下部三之介小林栄福島綱雄森嘉種山川二葉山内佐太郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渡辺敏の関連情報