湖南市(読み)こなん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「湖南市」の解説

湖南〔市〕
こなん

滋賀県南部,野洲川中流域にある市。南端に阿星山系,北端に岩根山系を望む丘陵地で,野洲川沿いに平地が広がる。2004年石部町と甲西町が合体して市制。古くから近江と伊勢を結ぶ伊勢参宮街道として栄え,江戸時代は石部に東海道宿場町が置かれた。近年は京阪神や中京からの工場進出が著しく,甲西地区には鉄鋼製品,化学などの工場が立地する湖南工業団地がある。長寿寺本堂常楽寺の本堂と三重塔,善水寺の本堂は国宝。廃少菩提寺の石造多宝塔および石仏は国の史跡に指定。平松のウツクシマツ自生地は国指定天然記念物。市域の一部は三上・田上・信楽県立自然公園に属する。中央を JR草津線,国道1号線が通る。面積 70.4km2。人口 5万4289(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android