甲西(読み)こうせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「甲西」の解説

甲西
こうせい

滋賀県南部,湖南市の中・東部を占める旧町域。野洲川中流域に位置する。1955年三雲村と岩根村が合体し町制。1958年下田村が編入。2004年石部町と合体して湖南市となった。東海道に沿う農村であったが,1960年代から国道1号線沿いに鋳物電線アルマイト加工などの工場が進出。下田の丘陵には鉄鋼製品,化学などの湖南工業団地がある。岩根にある善水寺本堂は国宝。廃少菩提寺の石造多宝塔および石仏は国の史跡に指定。平松のウツクシマツ自生地は国指定天然記念物。南部は三上・田上・信楽県立自然公園に属する。

甲西
こうさい

山梨県西部甲府盆地南西部にある釜無川右岸の地域。旧町名。 1955年落合,大井,五明,南湖の4村が合体し町制。町名は甲府盆地の西に位置することによる。 2003年に八田村,芦安村,白根若草櫛形の各町と合併して南アルプス市となった。西部の扇状地面ではスモモが栽培され,東部の低地では米作のほかトマトなどの施設栽培が行なわれる。近年,水田地帯の南部に甲西工業団地が造成された。天然記念物として古長禅寺のビャクシンと甲西の大カシワがある。国道 52号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android