コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯の山[温泉] ゆのやま

2件 の用語解説(湯の山[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

湯の山[温泉]【ゆのやま】

三重県菰野(こもの)町,御在所山の東麓,三滝川の渓流に沿う温泉。単純放射能泉。26〜28℃。標高400mにあり,鈴鹿国定公園の中心で展望がよく,桜,紅葉の名所。
→関連項目菰野[町]三重[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆのやま【湯の山[温泉]】

三重県北部,鈴鹿山脈の主峰御在所山(1210m)の東麓,三重郡菰野(こもの)町にある温泉。三滝川の渓谷に沿って温泉街がひらける。鹿がこの湯で傷をいやしたといい,鹿の湯ともいわれる。養老年間(717‐724)に発見され,一時衰えて廃湯となったが,伝教大師が再興したと伝えられる。放射能泉,25~30℃。滝や渓谷の紅葉など景勝にめぐまれ,鈴鹿国定公園に含まれる。近鉄名古屋線近鉄四日市駅から湯の山線が分岐し,温泉から御在所山へは御在所ロープウェーがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の湯の山[温泉]の言及

【湯来[町]】より

…広島県西部,佐伯郡の町。人口8229(1995)。中国山地の山間にあり,中央を太田川の支流水内(みのち)川が北東流する。東は広島市に接する。町域の大部分を占める山林には植林が進められ,シイタケ,ワサビの栽培が行われる。〈山フグ〉と呼ばれるコンニャクの刺身は名物として知られる。酪農や養鶏が盛んで,生乳は広島市へ出荷される。冠山(1004m)東麓の渓谷に湯来温泉(放射能泉,35℃),水内川沿いに湯ノ山温泉(放射能泉,24℃)がある。…

※「湯の山[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone