コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯沢三千男 ゆざわみちお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯沢三千男
ゆざわみちお

[生]1888.5.20. 栃木
[没]1963.2.21. 東京
昭和期の官僚,政治家。東京帝国大学卒業後内務省に入り,広島県知事,兵庫県知事,内務次官を歴任,内務官僚のエリートとして 1942年東条英機内閣の内務大臣に就任した。企画院参与,総力戦研究所参与,さらには大日本産業報国会理事長をつとめるなど太平洋戦争の指導にあたった。第2次世界大戦後公職追放となり,59年参議院議員として政界に復帰した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯沢三千男 ゆざわ-みちお

1888-1963 大正-昭和時代の官僚,政治家。
明治21年5月20日生まれ。内務省にはいり,衛生局保健課長,社会局保険部長などをへて,宮城,広島,兵庫県知事,内務次官をつとめる。昭和17年東条内閣の内相。18年貴族院議員。戦後は34年参議院議員(自民党)。昭和38年2月21日死去。74歳。栃木県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

湯沢三千男の関連キーワード坪川 信三昭和時代坪川信三内務官僚内務大臣政治家官僚大正

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android