コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴江言一 すずえげんいち

4件 の用語解説(鈴江言一の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鈴江言一【すずえげんいち】

日本の中国革命史家。島根県生れ。若くして多くの職を遍歴。1918年の米騒動で官権の追捕にあい明大を中退して中国へ渡り,国際通信社の北京支局員となる。中江丑吉との出会いをへて,北伐が始まると武漢地区に潜入,その経験をもとに1929年《中国無産階級運動史》,1931年《孫文伝》(王枢之の筆名)を発表し,中国革命を貫く精神を解明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴江言一 すずえ-げんいち

1894-1945 大正-昭和時代前期の社会運動家,中国研究者。
明治27年12月31日生まれ。大正8年中国にわたる。中国共産党に入党し,革命運動に協力。のち中江丑吉(うしきち)のもとで研究につとめ,「中国無産階級運動史」「孫文伝」などをあらわす。昭和20年3月15日死去。52歳。島根県出身。明大中退。筆名は王子言,王枢之。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

すずえげんいち【鈴江言一】

1894‐1945(明治27‐昭和20)
中国国民革命みずからもかかわった革命史研究者。島根県出身。米騒動に関係して明治大学に在学できなくなり,1919年五・四運動最中の北京に渡り《新支那》紙等で時事を論じた。やがて蘇兆徴,A.スメドレーらと交わり,国民革命の高揚した27年には革命の都武漢に赴いたが,31年国共分裂後,九死に一生を得て北京に帰った。その後は中江丑吉(うしきち)に師事し一転して学究生活に専念。みずからの体験と収集資料を生かして《支那無産階級運動史》(1929,のち《中国解放闘争史》と改題),《支那革命の階級対立》(1930),王枢之の筆名による《孫文伝》(1931)などの著作を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴江言一
すずえげんいち
(1894―1945)

昭和期の社会運動家、中国研究者。ペンネームに王子言、王枢之など。島根県の衆議院議員の家に生まれたが、家業の破産により苦学。東京の田坂法律事務所の書生となり明治大学別科に学ぶが中退。1919年(大正8)北京(ペキン)の邦字紙『新支那(しな)』の記者、21年国際通信社北京支局記者となる。このころより中国の革命家グループと交わり、中江丑吉(うしきち)を識(し)る。満鉄調査部、外務省対支文化事業部の研究生となり、『支那無産運動史』(1929)、『支那革命の階級対立』(1930)、『孫文伝』(1931)などを著した。27年(昭和2)武漢の汎(はん)太平洋労働会議に参加、コミンテルンの使者として日本の左翼運動と連絡をとり、中国の革命運動にも密接なかかわりをもった。42年治安維持法違反容疑で逮捕され、まもなく釈放されたが、昭和20年結核のため死去した。[和田 守]
『衛藤瀋吉・許淑真著『鈴江言一伝』(1984・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴江言一の関連キーワード広江八重桜I‐20AB岡部楠男岡本清福川村保太郎黒沢潤三重見伊三雄下村悦夫田中一米森赳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone