コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イツ

世界大百科事典内のの言及

【石見国】より

…荘園制支配の実権は早くから在地領主層によって掌握され,たとえば鎌倉期に伊甘郷から益田荘本郷(益田本郷)に拠点を移した益田氏の場合,南北朝期には益田本郷の名田を再編成し,独自に本百姓―間人(もうと)体制を実現している。ひだの深い谷と険しい山に囲まれた石見国の地形は,また谷あいの溢(えき)(山間の小盆地を流れる湧水のこと)ごとに進められる開発耕地のあり方ともかかわって,小規模武士団の分立と庶子家の独立化をうながし,鎌倉末・南北朝初期その傾向はとくに顕著であった。 石見国における南北朝の内乱はとりわけ激烈で,今日に残る多数の城址もそのことを示している。…

※「溢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

溢の関連キーワード新川周辺地区都市再生整備計画黒葉枯病(アカクローバ)黒葉枯病(シロクローバ)持ち添える・持添える逸・一・佚・溢・逸徳一・徳溢・得一バイオント・ダム日本街路灯製造前登志夫さん地蔵の十福アースダム雪消・雪解シックナー蒸民・烝民小河内ダム中島菜刀ぽってり自然堤防クレバス皮下溢血

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

溢の関連情報