コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶液重合 ようえきじゅうごう

2件 の用語解説(溶液重合の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

溶液重合【ようえきじゅうごう】

単量体を溶剤に溶かして,溶液に可溶な触媒を加えて重合させる方法。重合熱の除去は容易で,得られる重合物の純度も高いが,一般に反応速度が遅く重合度も低い場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ようえきじゅうごう【溶液重合 solution polymerization】

同じ種類の小さい分子が互いに結合して巨大な分子,すなわち高分子となる重合反応を,溶液状態で行う方法をいう。原料となる小さい分子,すなわちモノマー(単量体)を適当な溶媒に溶かし,必要に応じて重合反応の開始剤を加えて加熱する。反応が進んで高分子のポリマー(重合体)が生成してくると,反応溶液は粘くなる。これからポリマーを分離するには,それを溶かさない溶媒(非溶媒)に反応溶液を加え,重合体を沈殿させる。溶液重合では,モノマーを溶媒でうすめた状態で反応させるので,反応によって発生する熱の除去が容易で,反応の制御には便利である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の溶液重合の言及

【重合】より


[付加重合の実際的方法]
 実用的な高分子の製造において行われている付加重合反応の多くは,ラジカル重合である。ラジカル重合の実際的方法としては,塊状重合溶液重合懸濁重合および乳化重合がある。塊状重合はモノマーに開始剤を加え,加熱,重合させる方法で,有機ガラスとして知られるポリメタクリル酸メチルの製造で行われている。…

※「溶液重合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

溶液重合の関連キーワード構造式分子結晶ポリマー嗅覚受容体化合鎖状高分子同類類題アクチンフィラメントグルコシルサイクロデキストリン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

溶液重合の関連情報