コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜伽 ヨトギ

2件 の用語解説(夜伽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よ‐とぎ【夜×伽】

主君のため、病人のためなどに、夜寝ないで付き添うこと。また、その人。
女が男の意に従って夜の共寝をすること。
通夜(つや)に死者のかたわらで夜どおし過ごすこと。また、通夜。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の夜伽の言及

【通夜】より

…夜伽(よとぎ)ともいい,近親者が死者のそばにあって一晩をあかすこと。現在では夜の7時ころに行う簡単な仏事をさしている。…

※「夜伽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夜伽の関連情報