コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漬漁業 つけぎょぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

つけぎょぎょう【漬漁業】

魚群が流木,流れ藻などについたり,コウイカが産卵期に海底に沈んだ木の枝などに寄る習性を利用し,人工的に木,竹,柴(しば)などを海中に設置し,これらについた魚群などを漁獲する漁業。最終的な漁獲方法はさまざまである。シイラ漬漁業が代表的なもので,対馬暖流域で広く行われる。4~5mのモウソウチクを直径50cmほどの束にしたものを一つの漁場に1000mぐらいの間隔で20~50束敷設する。漁獲は集まっている魚群をまき餌などで竹の下から離し,まいてとる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報