コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漬漁業 つけぎょぎょう

1件 の用語解説(漬漁業の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つけぎょぎょう【漬漁業】

魚群が流木,流れ藻などについたり,コウイカが産卵期に海底に沈んだ木の枝などに寄る習性を利用し,人工的に木,竹,柴(しば)などを海中に設置し,これらについた魚群などを漁獲する漁業。最終的な漁獲方法はさまざまである。シイラ漬漁業が代表的なもので,対馬暖流域で広く行われる。4~5mのモウソウチクを直径50cmほどの束にしたものを一つの漁場に1000mぐらいの間隔で20~50束敷設する。漁獲は集まっている魚群をまき餌などで竹の下から離し,まいてとる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

漬漁業の関連キーワード魚群探知機魚群厚意垢衣花鰧藻雑魚流木UILウイープ筏角礫岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone