漬漁業(読み)つけぎょぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

つけぎょぎょう【漬漁業】

魚群が流木,流れなどについたり,コウイカが産卵期に海底に沈んだ木の枝などに寄る習性を利用し,人工的に木,,柴(しば)などを海中に設置し,これらについた魚群などを漁獲する漁業。最終的な漁獲方法はさまざまである。シイラ漬漁業が代表的なもので,対馬暖流域で広く行われる。4~5mのモウソウチクを直径50cmほどのにしたものを一つの漁場に1000mぐらいの間隔で20~50束敷設する。漁獲は集まっている魚群をまき餌などで竹の下から離し,まいてとる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

づけ‐ぎょぎょう ‥ギョゲフ【漬漁業】

〘名〙 魚類物陰に集まる習性を利用して、木、竹、わらなどを水中に沈め、集まった魚を捕る漁業。山陰地方のシイラ漬け漁業が有名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android