コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮汐リズム ちょうせきリズム tidal rhythm

1件 の用語解説(潮汐リズムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせきリズム【潮汐リズム tidal rhythm】

干潟に生息するコメツキガニやシオマネキは干潮時には摂食をしたり鋏(はさみ)をさかんに振って求愛行動をしているが,潮がさしてくると巣穴の口に泥のフタをしてその中に閉じこもってしまう。シオマネキを小型容器に入れて,その活動を記録すると,採集地の海岸が干潮になるころさかんに動き回るので,シオマネキが自然の潮汐サイクルに近い周期の内因性リズムを持っていることがわかり,これを潮汐リズムという。この種のリズムは魚類のギンポムツゴロウ,甲殻類のカニ,ヤドカリ,等脚類,端脚類,軟体動物の巻貝などの活動や,さらには砂浜に生息する単細胞生物のケイ藻の垂直移動でも見つかっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

潮汐リズムの関連キーワードあなにやし米搗き米搗蟹米搗虫潮干潟アクネ菌米搗き歌米搗き飛蝗潮招ベルクマンの法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone