コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮音道海 ちょうおん どうかい

2件 の用語解説(潮音道海の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

潮音道海 ちょうおん-どうかい

1628-1695 江戸時代前期の僧。
寛永5年11月10日生まれ。黄檗(おうばく)宗。山城(京都府)万福寺に隠元隆琦(りゅうき)をたずね,その法嗣木庵性瑫(しょうとう)の弟子となり,のち法をつぐ。寛文9年上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩主徳川綱吉にこわれ,広済寺をひらいた。元禄(げんろく)8年8月24日死去。68歳。肥前小城郡(佐賀県)出身。俗姓は楠田。号は南牧樵夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潮音道海
ちょうおんどうかい
(1628―1695)

江戸前期の黄檗(おうばく)宗の僧。肥前(佐賀県)に生まれ、13歳で慈雲寺泰雲(たいうん)のもとで出家。その後、医王寺の瑞巌(ずいがん)について修行、18歳のとき京都に上り学習した。近江(おうみ)(滋賀県)瑞石(ずいせき)山永源寺(えいげんじ)の如雪文厳(じょせつぶんげん)などに参学した。1654年(承応3)長崎に行き、黄檗宗の道者超元について修行し、東明寺にとどまり、隠元隆(いんげんりゅうき)や木庵性(もくあんしょうとう)に学ぶ。1661年(寛文1)京都黄檗山万福寺に赴き、ふたたび隠元、木庵に参じた。64年、木庵とともに江戸に行き、池田秀峰(しゅうほう)、黒田泰岳(たいがく)に招かれて大慈庵に住し、上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)の藩主徳川綱吉(つなよし)が創建した万徳山広済寺に招かれると、木庵を開山とし、自らは2世となる。禅僧でありながら神道(しんとう)や真言(しんごん)宗の教義にも通じていた。元禄(げんろく)8年8月24日に68歳で死去。『摧邪輪(さいじゃりん)』『坐禅(ざぜん)論』『霧海(むかい)南針』など40巻余の著書がある。[廣瀬良弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

潮音道海の関連キーワード万霊光誉沙門日東順専乗阿常観(2)忠尊必夢三宅環翠妙庵遊安

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone