摧邪輪(読み)ザイジャリン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

摧邪輪
ざいじゃりん

仏教書。3巻。鎌倉新仏教の興隆に対して、南都旧仏教復興運動の旗手の一人であった華厳(けごん)宗の明恵房高弁(みょうえぼうこうべん)が、法然房源空(ほうねんぼうげんくう)の主著『選択本願念仏集(せんちゃくほんがんねんぶつしゅう)』(略して『選択集』ともいう)を披読して、その邪見を反駁(はんばく)するために著したのが本書である。法然が称名(しょうみょう)念仏を浄土往生の正業とする立場に対して、そこに大乗仏教の発菩提心(ほつぼだいしん)の意義が欠けていることを、激しい口調で非難している。1212年(建暦2)に著されたが、翌年、明恵は『摧邪輪荘厳記(しょうごんき)』1巻を著して、さらにその論旨を補足した。

[柏木弘雄]

『鎌田茂雄・田中久夫校注「鎌倉旧仏教」(『日本思想大系15』1971・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ざいじゃりん【摧邪輪】

華厳宗の高弁(明恵)が建暦二年(一二一二)、源空(法然)の選択集を批判した書。三巻。批判は、源空の教えが菩提心を捨て去っていることと聖道門を群賊に喩えている点にあり、浄土教の展開に大きな影響を与えた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる