コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摧邪輪 ザイジャリン

3件 の用語解説(摧邪輪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ざいじゃりん【摧邪輪】

鎌倉時代の仏教書。3巻。明恵(みょうえ)高弁著。建暦2年(1212)成立。法然の「選択集(せんちゃくしゅう)」を批判したもので、浄土教に大きな波紋を巻き起こした。於一向専修宗選択集中摧邪輪。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ざいじゃりん【摧邪輪】

仏教書。明恵(高弁)が法然の「選択集せんちやくしゆう」を批判・論難した書。三巻。1212年成立。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

摧邪輪
ざいじゃりん

仏教書。3巻。鎌倉新仏教の興隆に対して、南都旧仏教復興運動の旗手の一人であった華厳(けごん)宗の明恵房高弁(みょうえぼうこうべん)が、法然房源空(ほうねんぼうげんくう)の主著『選択本願念仏集(せんちゃくほんがんねんぶつしゅう)』(略して『選択集』ともいう)を披読して、その邪見を反駁(はんばく)するために著したのが本書である。法然が称名(しょうみょう)念仏を浄土往生の正業とする立場に対して、そこに大乗仏教の発菩提心(ほつぼだいしん)の意義が欠けていることを、激しい口調で非難している。1212年(建暦2)に著されたが、翌年、明恵は『摧邪輪荘厳記(しょうごんき)』1巻を著して、さらにその論旨を補足した。[柏木弘雄]
『鎌田茂雄・田中久夫校注「鎌倉旧仏教」(『日本思想大系15』1971・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

摧邪輪の関連キーワード永平清規開目鈔愚禿鈔広弘明集伝光録御伝鈔坐禅用心記大灯語録明恵上人遺訓明恵ふるさと館

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone