コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澄禅(2) ちょうぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

澄禅(2) ちょうぜん

1613-1680 江戸時代前期の僧。
慶長18年生まれ。真言宗。京都智積(ちしゃく)院の運敞(うんしょう)に師事。悉曇(しったん)学を研究。梵字(ぼんじ)の書にすぐれ,書は澄禅流といわれた。仏画や山水画もよくした。延宝8年6月12日死去。68歳。肥後(熊本県)出身。俗姓は菱刈。字(あざな)は悔焉。号は知等庵。著作に「悉曇愚鈔」「悉曇字母表並釈」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

澄禅(2)の関連キーワードロマノフ朝ロマノフ朝ロマノフ朝ハインリヒ・ユリウスベトレンミハイル・ロマノフミーレフェルト回想録コーク(Sir Edward Coke)スネル(Willebrord Snell)

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android