コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運敞 うんしょう

3件 の用語解説(運敞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

運敞 うんしょう

1614-1693 江戸時代前期の僧。
慶長19年10月19日生まれ。京都智積院(ちしやくいん)の日誉,元寿らに師事。奈良や比叡(ひえい)山でもまなぶ。名古屋長久寺,江戸円福寺の住持をへて寛文元年智積院7世。真言宗智山派の学問を振興させた。元禄(げんろく)6年9月10日死去。80歳。大坂出身。俗姓は藤原。字(あざな)は元春。号は泊如。著作に「性霊集便蒙(しょうりょうしゅうべんもう)」「大日経疏啓蒙(だいにちきょうしょけいもう)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

運敞

没年:元禄6.9.10(1693.10.9)
生年:慶長19.10.19(1614.11.20)
江戸前期の真言宗の僧。智山派最大の学匠。大坂出身。16歳で出家し,智積院の日誉,元寿に師事。醍醐寺の寛済らからも密教を修学。また師を求めて華厳,法相,天台なども学ぶ。寛文1(1661)年智山第7世能化(学頭)に就任。綱紀を粛正し,将軍家綱や後水尾上皇の帰依を受け,智山派黄金時代を築いた。彼自身も文献学や実証研究に優れ,特に『性霊集』や『三教指帰』の研究は最高水準を示す。霊力も抜群で,寛文8(1668)年の大旱魃に雨を祈り成就したという。著書は『大疏啓蒙』『性霊集便蒙』など200巻以上。弟子に信盛,寛海などがいる。<参考文献>高井観海『運敞僧正伝』

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

運敞
うんしょう
(1614―1693)

江戸初期の真言宗の僧。字(あざな)は元春(げんしゅん)、号は泊如(はくにょ)。大坂の人で、俗姓は藤原氏。16歳で出家し、智山(ちざん)派(智積院(ちしゃくいん))の日誉(にちよ)に顕密(けんみつ)二教を学ぶ。さらに多くの師に就いて三論、法相(ほっそう)、華厳(けごん)、天台を学ぶ。智山派の第一座を経て、1661年(寛文1)に智山派第7世能化(のうけ)(総主)となる。将軍徳川家綱(いえつな)の帰依(きえ)を得て寺域を贈られ、また後水尾(ごみずのお)上皇の命により仙洞(せんとう)(御所(ごしょ))で経論の問答議論を行うなど、智山派の学風の樹立、高揚に寄与し、「近代師」と尊称された。著書に『大疏第三重啓蒙(だいしょだいさんじゅうけいもう)』59巻をはじめ多数ある。また漢詩文に詳しく、『性霊集(しょうりょうしゅう)』を講じて名声があがった。門下に信盛(しんせい)、宥鑁(ゆうばん)、覚眼(かくげん)などを輩出した。[吉田宏晢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

運敞の関連キーワード瑜伽乗院亮深三宝院義演新義真言宗大正大学湛海当山派智山派豊山派教如(2)日誉

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone