コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読史方輿紀要 どくしほうよきようDu-shi fang-yu ji-yao; Tu-shih fang-yü chi-yao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

読史方輿紀要
どくしほうよきよう
Du-shi fang-yu ji-yao; Tu-shih fang-yü chi-yao

中国,清初に完成した歴史地理書。顧祖禹の撰。本編 130巻,付録輿図要覧4巻,首1巻。康煕 17 (1678) 年完成。広く古今の史書を参考にして明代までの中国全土にわたる地理的形勢,歴代諸王朝の地方行政区画の沿革,山川,関津古跡などについて詳述した名著。輿図要覧は総図,地方図などから成る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とくしほうよきよう【読史方輿紀要 Dú shǐ fāng yú jì yào】

1678年(康熙17),顧祖禹(こそう)(1631‐92,字は景範,無錫の人)が著した中国の歴史地理書。130巻。最初の9巻は太古から明代までの歴代州県形勢,10巻から123巻までは明代の全国15省の各府州県について,境域,行政沿革,山川,聚落,史跡,寺観などの歴史地理を叙述,終りの7巻は河川水系と分野論とする。付録として同じ著者の,全国と各省ならびに,北辺,黄河,漕運などの地図《輿図要覧》が付く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

読史方輿紀要
どくしほうよきよう

中国の明(みん)末・清(しん)初の地理学者の顧祖禹(こそう)(1631―92)がつくった歴史地理書。130巻。初めの歴代州域形勢九巻は、全中国の境域、行政区画の変遷を年代順に記した概論ともいうべき部分。あとは各論で、明代の行政区画別に自然、人文の各事項を記述し、終わりに河川、運河、海道などを付説する。付録の「輿図(よず)要覧」四巻は明代の行政、軍事、地形などの諸図とその説明からなっている。中国の歴史地理書の最大傑作とされる。1678年に完成したが、著者は満州民族である清の支配に抗し、あくまで明の遺臣としての立場で本書をつくった。したがって、地理を基礎に歴代王朝の興亡を論ずるにあたっても、明の滅亡した原因を反省するとともに、清を野蛮な敵として扱っている。初め写本で伝えられたが、印刷されたものでは、清に不適当な字句が改削されているのに注意しなければならない。[日比野丈夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

読史方輿紀要の関連キーワード日比野丈夫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android