コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濰坊 いぼうWéi fáng

世界大百科事典 第2版の解説

いぼう【濰坊 Wéi fáng】

中国,山東省の市。人口118万(1994)。昌濰地区の中心済南より青島,烟台へ向かう膠済鉄道に沿い,山東半島のつけ根,沂山の北麓にある。省北東部の商工業交通の中心で,農業は小麦,大豆,コーリャンなどの畑作。山東葉タバコの産地としても有名。濰坊とは濰県と坊子が合併してできたもので,濰県は漢の北海郡平寿県の地で,以後北海郡,濰州の中心であった。坊子は市の南にある鎮で,石炭の産出で知られる。黄河下流域と南方を,海岸側で結ぶ要衝にあり,古くから開けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


いぼう / ウェイファン

中国、山東(さんとう)省中部、莱州(らいしゅう)湾に注ぐ白浪河(はくろうが)河畔の地級市。1948年に県と坊子(ぼうし)とが合併して成立した。人口883万3000(2014)。4市轄区、2県を管轄し、6県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。坊年画(ねんが)(春節に飾る絵)、凧(たこ)、レース編などの伝統的な手工芸品を産し、綿紡織、ディーゼルエンジン製造などの近代工業も発達している。坊子には大規模な非粘結炭を産出する炭田がある。山東半島と河南(かなん)省を結ぶ交通の要地で、膠済(こうさい)線(青島(チンタオ)―済南(さいなん))が東西に通る。小麦やラッカセイなどの集散地で、山東省中部における経済の中心地である。[駒井正一・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

濰坊の関連キーワードラッカセイ孔融釈名

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

濰坊の関連情報