コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬木博尚 せぎひろひさ

2件 の用語解説(瀬木博尚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬木博尚
せぎひろひさ

[生]嘉永5(1852).10.6. 富山
[没]1939.1.22. 東京
広告代理店博報堂の創始者。富山で市の役人をしたのち,1894年上京して星亨の『めざまし新聞』の記者となった。翌 95年 10月日本橋博報堂を開業。雑誌,特に教育雑誌を重視し,その育成普及にも尽力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬木博尚 せき-ひろなお

1852-1939 明治-昭和時代前期の実業家。
嘉永(かえい)5年10月6日生まれ。明治28年東京日本橋に広告取次業の博報堂を創立。雑誌・新聞の出版広告を主とし,社業を発展させた。43年内外通信社とあらためる(昭和30年博報堂と改称)。大正15年東京帝大に「明治新聞雑誌文庫」設立基金を寄付した。昭和14年1月22日死去。88歳。越中(富山県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の瀬木博尚の言及

【博報堂[株]】より

…日本の有力な広告会社。1895年10月瀬木博尚(1852‐1939)が創業。第2次大戦中までは雑誌の掲載広告や新聞の雑誌書籍広告など,おもにいわゆる出版広告を取り扱う広告代理店であった。…

【明治新聞雑誌文庫】より

…明治時代に発行された全国各地の新聞・雑誌を専門に収蔵している(大正以後のものは明治の創刊で続刊されているものに限られた)。内外通信社博報堂の創業者瀬木博尚の寄付により1926年設立決定,翌年2月から事務を開始した。初代主任宮武外骨の努力で多くの貴重な新聞・雑誌が収集された。…

※「瀬木博尚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

瀬木博尚の関連キーワード唐橋在正伊東紅雲中川泉三中御門経隆松木幹一郎松平直平三代芳松山崎治敏和田徳次郎渡辺俊雄

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone