コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬木博尚 せぎひろひさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬木博尚
せぎひろひさ

[生]嘉永5(1852).10.6. 富山
[没]1939.1.22. 東京
広告代理店,博報堂の創始者。富山で市の役人をしたのち,1894年上京して星亨の『めざまし新聞』の記者となった。翌 95年 10月日本橋に博報堂を開業。雑誌,特に教育雑誌を重視し,その育成普及にも尽力した。博文館の広告を一手に引受けたことが社運の発展の基礎となった。東京大学法学部付属明治新聞雑誌文庫の創設に際しては,財政的援助を惜しまず,日本近代の新聞史研究,日本史研究に大きく貢献した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬木博尚 せき-ひろなお

1852-1939 明治-昭和時代前期の実業家。
嘉永(かえい)5年10月6日生まれ。明治28年東京日本橋に広告取次業の博報堂を創立。雑誌・新聞の出版広告を主とし,社業を発展させた。43年内外通信社とあらためる(昭和30年博報堂と改称)。大正15年東京帝大に「明治新聞雑誌文庫」設立基金を寄付した。昭和14年1月22日死去。88歳。越中(富山県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の瀬木博尚の言及

【博報堂[株]】より

…日本の有力な広告会社。1895年10月瀬木博尚(1852‐1939)が創業。第2次大戦中までは雑誌の掲載広告や新聞の雑誌書籍広告など,おもにいわゆる出版広告を取り扱う広告代理店であった。…

【明治新聞雑誌文庫】より

…明治時代に発行された全国各地の新聞・雑誌を専門に収蔵している(大正以後のものは明治の創刊で続刊されているものに限られた)。内外通信社博報堂の創業者瀬木博尚の寄付により1926年設立決定,翌年2月から事務を開始した。初代主任宮武外骨の努力で多くの貴重な新聞・雑誌が収集された。…

※「瀬木博尚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

瀬木博尚の関連キーワード博報堂[株]高階 哲夫宮武外骨瀬木博信実業家

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android