コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火事場見廻 カジバミマワリ

1件 の用語解説(火事場見廻の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かじば‐みまわり〔クワジばみまはり〕【火事場見×廻】

江戸幕府の職名。享保7年(1722)設置。若年寄の支配下で、江戸市中に火事があったとき、消火の指揮に当たるほか、被害状況などの視察・報告を行った。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

火事場見廻の関連キーワード康熙帝デフォー井上正岑近衛基煕近衛基熙康熙帝・康煕帝文字の獄ピカレスク小説悪漢小説上米

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone