コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火宅の人 カタクノヒト

3件 の用語解説(火宅の人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かたくのひと〔クワタクのひと〕【火宅の人】

檀一雄の小説。「新潮」誌上で昭和30年(1955)より20年にわたり断続的に連載。流浪の作家と彼をとりまく女性たちを描く。昭和61年(1986)深作欣二監督・脚本により映画化。出演、緒形拳、いしだあゆみ、原田美枝子、檀ふみほか。第10回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

火宅の人

1986年公開の日本映画。監督・脚本:深作欣二、原作:檀一雄の遺作である同名小説、脚本:神波史男。出演:緒形拳、いしだあゆみ、原田美枝子、松坂慶子利根川龍二ほか。第10回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀主演男優賞(緒形拳)、最優秀主演女優賞(いしだあゆみ)、最優秀助演女優賞(原田美枝子)ほか受賞。原作者檀一雄の娘である檀ふみが主人公の母親役で出演。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火宅の人
かたくのひと

檀一雄(だんかずお)の長編小説。1955年(昭和30)11月『新潮』に発表した『誕生』(単行本では『微笑』の一部となる)を第一作に、以来20年間にわたり断続連載。75年10月新潮社刊。日本文学大賞、読売文学賞受賞。小説家の桂(かつら)は、1人の病児ほか4人の子を抱える妻を置いて家を出、新劇の女優恵子との同棲(どうせい)生活に入るが、ふとしたことで恵子の過去に疑惑を抱き、懊悩(おうのう)する。やがて恵子との恋は終わり、病児も死ぬ。すさまじいまでに奔放自在に生きまくる作者自身の姿をさらけだすことによって、倫理や因襲、思惑のなかで生きる現代人に、人間とは何ものかと問いかける。響きの高い文体の底に流れる無常観が胸を打つ、晩年の力作である。[沖山明徳]
『『火宅の人』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火宅の人の関連情報