コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山情報 かざんじょうほう notice on volcanic activities

3件 の用語解説(火山情報の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

火山情報

火山の活動状況について、気象庁管区気象台から、都道府県市町村、報道関係者などに向けて発表する情報。活動度や防災上の重要性などの面から、次の3種類に区分される。(1)噴火などにより人間の生命や身体が脅かされたか、その可能性がある場合に出される緊急火山情報、(2)火山の活動の高まりに対して注意を呼びかける臨時火山情報、(3)これらの情報を補い、活動の経過や現状を適宜知らせる火山観測情報。その他に、活動の近況が定期的に報告される定期火山情報。なお、現在の火山の危険度を定量的に示すために、観測網の充実した浅間山伊豆大島阿蘇山雲仙岳、桜島などの12火山については、6段階の活動レベルが発表されている。火山情報を受けて、避難勧告や立ち入りの規制をするのは、市町村の首長の役目。天気予報とは異なり、火山情報には、予測の機能は必ずしも想定されてはおらず、警報や注意報もない。

(井田喜明 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かざんじょうほう【火山情報】

気象庁が発表していた、火山の活動状況。噴火警報・噴火予報の実施にともない、2007 年(平成 19)11 月 30 日をもって廃止。 → 噴火警報噴火予報噴火警戒レベル

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火山情報
かざんじょうほう

火山の活動状況についての情報。日本では公式の火山情報は気象庁から発表される。気象庁は、2014年(平成26)時点で、47火山について、大学等の研究機関や自治体・防災機関等の協力を得ながら、地震計、GPS全地球測位システム)、傾斜計、空振計、遠望カメラにより、活動状況を24時間体制で監視している。これらのデータは、2002年から運用開始された火山監視・情報センター(札幌、仙台、東京、福岡の4か所)で監視され、そこで得られた観測結果は、「火山情報」として公表される。2007年12月の気象業務法施行令の一部改正により、火山情報は(1)噴火警報、(2)噴火予報、として発表されるようになった。
(1)噴火警報 居住地域や火口周辺に影響が及ぶ噴火の発生が予測された場合に、その影響範囲を示して発表される。報道機関、都道府県、市町村等を通じて住民に通知される。
(2)噴火予報 噴火警報を解除する場合や、火山活動が静穏(平常)な状態が続くことを知らせる場合に発表される。
 この他、火山現象に関する情報として、「火山の状況に関する解説情報」「火山活動解説資料」「週間火山概況」「月間火山概況」「噴火に関する火山観測報」がある。
 また、2007年から、噴火時等の危険範囲や必要な防災対応を踏まえて、火山活動の状況を5段階に区分した噴火警戒レベルを導入した。住民や登山者等に必要な防災対策が分かりやすいように、噴火警戒レベル5から4、3、2、1に対して、それぞれ「避難」「避難準備」「入山規制」「火口周辺規制」「活火山であることに留意」のキーワードをつけて警戒を呼びかけている。噴火警戒レベルを導入した火山では、噴火警報および噴火予報で噴火警戒レベルを発表している。
 気象庁は、1962年(昭和37)から、効率的に監視する体制の整備を進め、1965年から火山情報の発表を業務化した。1978年「活動火山対策特別措置法」の施行に伴い、気象庁が発表する火山情報は、「定期火山情報」「臨時火山情報」「火山活動情報」の3種に分類された。1990年(平成2)~1995年の長崎県雲仙普賢岳(うんぜんふげんだけ)の噴火後に、火山情報の名称と内容が見直されており、その後の整備につながった。[諏訪 彰・中田節也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火山情報の関連キーワード管区気象台気象台地方気象台中央気象台気象白書防災気象情報天気相談所火山監視・情報センター大谷東平清野善兵衛

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火山情報の関連情報