コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山噴火予知連絡会 かざんふんかよちれんらくかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火山噴火予知連絡会
かざんふんかよちれんらくかい

火山噴火予知計画の推進に向けて設けられた気象庁長官の私的諮問機関。1974年に国内の火山活動状況に関する情報交換と,予知計画に関する連絡を行なう目的で設立。年 3回の定期会合がもたれ,大学,研究所の関係者のほかに関係省庁の代表も出席する。活動的な火山については専門部会を設置する。火山活動の活発化や噴火の発生がみられたときには臨時会合を開き,統一見解として活動の評価,推移見通しを発表する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

火山噴火予知連絡会

火山噴火予知計画を推進するために設けられた、気象庁長官の私的諮問機関。それぞれの火山の活動に関する情報を交換し、予知計画に関する連絡を行う目的で、年3回の定期的会合を持つ。活動の活発化や噴火の発生が見られた火山については、活動の評価や推移の見通しを述べる。

(井田喜明 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かざんふんかよち‐れんらくかい〔クワザンフンクワヨチレンラククワイ〕【火山噴火予知連絡会】

各火山活動の状況の情報を交換し、判断や予知計画について検討する連絡会議。定期に、また緊急のときは臨時に開いて見解を発表する。気象庁長官の私的諮問機関で、昭和49年(1974)発足

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かざんふんかよちれんらくかい【火山噴火予知連絡会】

火山の噴火予知計画推進のために設けられた気象庁長官の諮問機関。1974年(昭和49)設置。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火山噴火予知連絡会
かざんふんかよちれんらくかい

1974年(昭和49)に発足し噴火予知の実現を図る「火山噴火予知計画」に参加している諸調査研究機関はもとより、関係行政官庁までも含めて、研究や業務の相互連携を密にするため、同年に創設された連絡会。諸大学の学識経験者と関係行政機関職員30人以内の委員で構成され、庶務は気象庁が担当し、定期(年3回)と臨時に会合をもつ。研究や業務に関する成果や情報を交換し、噴火があると、その火山の噴火現象について総合判断を行い、火山情報の質の向上を図り、また、噴火予知に関する研究や観測体制の整備の施策について総合的に検討する。連絡会で行われた総合判断に関する報告や発表は、そのつど気象庁が行う。[諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

火山噴火予知連絡会の関連キーワード火山監視・情報センター富士山の広域防災火山防災協議会地震予知連絡会常時観測火山日本の活火山口永良部島永田 武荒牧重雄藤井敏嗣下鶴大輔御嶽山有珠山活火山箱根山新燃岳永田武

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火山噴火予知連絡会の関連情報