コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰田勝彦 はいだ かつひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

灰田勝彦 はいだ-かつひこ

1911-1982 昭和時代の歌手,俳優。
明治44年8月20日ハワイ生まれ。大正11年兄灰田有紀彦(晴彦)と日本にかえる。立大在学中,兄のハワイアンバンドで活躍。昭和11年日本ビクターからデビュー。ヒット曲に戦時中の「燦(きら)めく星座」「鈴懸(すずかけ)の径(みち)」,戦後の「東京の屋根の下」「野球小僧」など。また映画の代表作に「銀座カンカン娘」など。昭和57年10月26日死去。71歳。本名は稔勝。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

灰田勝彦の関連キーワードハワイアン音楽灰田 有紀彦バッキー白片吉田 晴風佐野 鋤昭和時代

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灰田勝彦の関連情報