コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭化ケイ素繊維 たんかけいそせんいsilicon carbide fibre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭化ケイ素繊維
たんかけいそせんい
silicon carbide fibre

四塩化ケイ素と炭化水素または四塩化炭素とを,あるいは有機ケイ素化合物を 1300~1600℃の温度範囲で気相分解することによって得られる直径 10μ程度の短繊維 (ホイスカー) 。しかし最近では,ポリカルボシランをつくり,これを紡糸してフィラメントをつくり,のち焼成して炭化ケイ素フィラメントがつくられるようになった。引張り強度が大きく,耐熱性 (1000℃程度) にもきわめてすぐれており,織布,不織布などの形状で,繊維強化金属 (FRM) ,繊維強化プラスチック (FRP) などの複合材料および自動車工業,宇宙航空機関連の構造部品材として利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

炭化ケイ素繊維
たんかけいそせんい
silicon carbide fiber

炭素とケイ素を含有する有機金属化合物から重合、紡糸、焼成のプロセスでつくられる合成繊維の一種。1975年(昭和50)東北大学の矢島聖使(1923―81)らが開発。炭化ケイ素繊維は高温度での機械的強度が優れ、さらに化学的にも安定であるために、熱遮蔽(しゃへい)材料、高温ガスや溶融金属の濾布(ろふ)としてそのまま使われるが、またこの繊維と、エポキシ樹脂をマトリックス(母体)とした強化複合材料としてスポーツ用品に、またポリイミド樹脂をマトリックスとした宇宙航空関係器材として用いられている。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の炭化ケイ素繊維の言及

【セラミック繊維】より

…ガラス以外にも繊維化できている物質にアルミナAl2O3,ジルコニアZrO2,炭化ケイ素SiC,チタン酸カリウムK2O・nTiO2などがある。繊維を得る方法としては溶融紡糸が低融点物質あるいはガラス質の場合に用いられ,高融点物質の場合には有機系繊維に無機物質を水溶液と含浸させたのち焼成する方法,炭化ケイ素繊維のようにケイ素Siと炭素Cを含む有機物で繊維を作ったのち熱分解してSiCだけを残す方法,などが用いられる。これら耐熱性の繊維は,高温での断熱材あるいは金属に混入して強化するFRM(fiber reinforced metalの略)用となる。…

※「炭化ケイ素繊維」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

炭化ケイ素繊維の関連キーワード繊維強化セラミックスニューセメントセラミック繊維炭化ケイ素樹脂マトリックス化学繊維FRC垣内

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android