コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏土塚古墳 うどづかこふん

1件 の用語解説(烏土塚古墳の意味・用語解説を検索)

国指定史跡ガイドの解説

うどづかこふん【烏土塚古墳】


奈良県生駒(いこま)郡平群(へぐり)町西宮にある前方後円墳。大阪府と奈良県との境を南北に走る生駒山地の東麓、枝状に延びる尾根の先端に立地する。1969年(昭和44)に発掘調査が行われ、1971年(昭和46)に国の史跡に指定された。平群地方では最大の古墳で、墳丘の全長は約60.5m、後円部径約35m、高さ約9m、前方部幅31m。後円部の南に開口する横穴式石室は巨石で築かれ、玄室は長さ約6m、幅約2.1m、高さ約4.4mの両袖式の形態をとる。羨道(せんどう)は長さ約8.2m、幅約2.1mあり、その中央には暗渠(あんきょ)式排水溝が布設されている。また玄室には、凝灰岩質の組み合わせ式家形石棺が置かれ、羨道部からも石棺の底が検出されているほか、出土遺物は四獣鏡・大刀・金銅装馬具・玉類・須恵器(すえき)など豊富で、古墳時代後期の築造と考えられ、巨石古墳のなかでは出土遺物の明らかな稀少例とされている。近畿日本鉄道生駒線竜田川駅から徒歩約5分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の烏土塚古墳の言及

【藤ノ木古墳】より

…さらに,奈良県内には6世紀の前方後円墳が15基あり,うち11基が全長50m以上である。埋葬施設は全長13.95mの横穴式石室で,見瀬丸山(みせまるやま)古墳の26.2mや石舞台古墳の19mを別格としても,烏土塚(うどづか)古墳や牧野古墳など隣接する地域にもそれ以上の横穴式石室墳が存在する。石室内には刳抜式家形石棺が置かれている。…

※「烏土塚古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

烏土塚古墳の関連キーワード大和路へぐり奈良県生駒郡平群町春日丘奈良県生駒郡平群町椣原奈良県生駒郡平群町椿井奈良県生駒郡平群町鳴川奈良県生駒郡平群町西宮奈良県生駒郡平群町平等寺奈良県生駒郡平群町福貴奈良県生駒郡平群町三里奈良県生駒郡平群町若井

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone