コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏桓 うがん

3件 の用語解説(烏桓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

烏桓
うがん

「烏丸 (うがん)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

烏桓【うがん】

烏丸とも記す。東部モンゴリアにいた古代遊牧民族東胡の後身,主として漢代に活躍。3世紀初めに征服され,その勢力も倒壊。
→関連項目単于

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うがん【烏桓 Wū huán】

前2~後3世紀初,内モンゴルのラオハ川流域を中心に活動した遊牧民族。烏丸とも記され,前206年ころ匈奴の冒頓単于(ぼくとつぜんう)に滅ぼされた東胡の一派。族名については,蒙古語ukhaghan(賢),unagan(奴隷)などとする説がある。前漢時代は小部落にわかれ匈奴に属した。鬼神,天地,山川,日月を祭り,シャマニズムを信奉し,頭髪をそりおとす風習があった。後漢時代に中国寄りに移動してその北辺防衛部隊となり,後漢末の混乱期に大同団結し袁紹に通じたが,207年(建安12)曹操に撃破され四散した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

烏桓の関連キーワード帰化城モンゴル相撲モンゴル内モンゴル自治区達延汗蒙古モンゴリアモンゴル国際マラソンヤマダモンゴルホシュン

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone