コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏桓(読み)うがん

百科事典マイペディアの解説

烏桓【うがん】

烏丸とも記す。東部モンゴリアにいた古代遊牧民族。東胡の後身,主として漢代に活躍。3世紀初めに征服され,その勢力も倒壊。
→関連項目単于

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うがん【烏桓 Wū huán】

前2~後3世紀初,内モンゴルのラオハ川流域を中心に活動した遊牧民族。烏丸とも記され,前206年ころ匈奴の冒頓単于(ぼくとつぜんう)に滅ぼされた東胡の一派。族名については,蒙古語ukhaghan(賢),unagan(奴隷)などとする説がある。前漢時代は小部落にわかれ匈奴に属した。鬼神,天地,山川,日月を祭り,シャマニズムを信奉し,頭髪をそりおとす風習があった。後漢時代に中国寄りに移動してその北辺防衛部隊となり,後漢末の混乱期に大同団結し袁紹に通じたが,207年(建安12)曹操に撃破され四散した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

烏桓の関連情報