コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏羽玉 ウバタマ

デジタル大辞泉プラスの解説

烏羽玉(うばたま)

京都府京都市、亀屋良長が製造・販売する銘菓。黒糖入りのこし餡玉に寒天つやを出した生菓子

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

うばたま【烏羽玉】

ヒオウギの種子。黒色で丸い。ぬばたま。
求肥ぎゆうひに餡あんを包んで白砂糖をまぶした餅菓子。
アメリカ合衆国南西部からメキシコにかけて分布する球形のサボテン。メスカリンを含む種がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

烏羽玉 (ウバタマ)

植物。檜扇の実。ヌバタマの別称

烏羽玉 (ウバタマ)

学名:Lophophora williamsii
植物。サボテン科の園芸植物,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

烏羽玉の関連キーワード京都府京都市メスカリン烏羽玉のメキシコサボテン和菓子餅菓子とげ種子黒色求肥球状球形

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android