コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱帯季節風気候 ねったいきせつふうきこう tropical monsoon climate

2件 の用語解説(熱帯季節風気候の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱帯季節風気候
ねったいきせつふうきこう
tropical monsoon climate

熱帯気候のうち季節風モンスーン)の影響を強く受ける気候。熱帯モンスーン気候ともいう。ウラジーミル・P.ケッペン気候区分では,夏雨気候であるサバナ気候の一つに分類されているが,今日では季節風域を特に区別することが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱帯季節風気候
ねったいきせつふうきこう

熱帯モンスーン気候ともいい、気温の年較差は12℃くらいで、熱帯気候のなかでは大きい。それでも、季節風がもたらす夏の雨期と冬の弱い乾期というように、気温よりは降水量が季節変化を示す。主要な植生は常緑広葉樹からなる密林であるが、半落葉樹林(モンスーン林、雨緑林)も分布する。この気候区はブラジルアマゾン河口部や、マレー半島ビルマミャンマー)西部、フィリピン北西部、インド西海岸、アフリカギニア湾岸などに分布し、多くは開発途上地域で、熱帯のなかでは人間の活動が盛んである。森林乱伐を伴う過度な開発が20世紀後半から目だっている。土壌はラテライト(紅土)であるが、乾・雨期に適応させた米の二期作や、サトウキビコーヒー、茶、タバコなどのプランテーション(企業的栽植農園)も営まれている。[福岡義隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱帯季節風気候の関連キーワード亜熱帯気候温帯多雨気候温帯モンスーン気候熱帯気候熱帯モンスーン気候モンスーン雨緑林季節風気候モンスーン気候モンスーントラフ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone