コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱間加工 ネッカンカコウ

百科事典マイペディアの解説

熱間加工【ねっかんかこう】

圧延,鍛造押出しなど金属塑性加工を再結晶温度以上で行うこと。冷間加工の対。金属は加工と同時に再結晶して軟化し,加工硬化が残らない。通常の実用金属では数百℃以上で行われるが,再結晶温度の低い鉛などでは常温での加工も熱間加工である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱間加工
ねっかんかこう

金属の塑性加工」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

熱間加工の関連キーワードマグネシウム合金高周波誘導炉多結晶組織管絞り圧延高張力鋼転造加工引抜加工スケールダイス鋼線引き工具鋼圧延線材

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android