コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僉議 センギ

デジタル大辞泉の解説

せん‐ぎ【×僉議】

[名](スル)《「僉」は皆の意》
多人数で評議すること。また、その評議。衆議。「村民が集まって僉議する」
詮議(せんぎ)2」に同じ。
「この―の済むまではここを通さじ」〈浮・一代男・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せんぎ【僉議】

日本の中世社会で,多人数の集会において評議することをいう。また衆議,評定の結果をもいう。《類聚三代格》五,延暦12年(793)1月6日の勅に,〈其ノ外ヨリ内ニ入リ当位ノ階ニ叙ス,則チ優昇シテ次ヲ超ス。僉議未ダ充ハズ,刑ヲ行ウノ日ニ至リテ辞訳スルヲ聴サズ〉とあり,また《節用集》に,〈僉とは皆也,大衆ノ評定ノ義也〉とあるのは上記の釈義の根拠となろう。僉議は詮議と誤って使用されて常用化している。しかし,後者は同じく〈せんぎ〉と読まれているが,その意義は評議して物事を明らかにすること,あるいは罪人取調べ,吟味,罪人の捜索を意味する語で,まったく別義の語句である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんぎ【僉議】

( 名 ) スル
〔「僉」は全部の意〕
多人数で相談すること。多人数の評議。衆議。 「公卿殿上人参内して-あり/平治 」 「公卿-」
詮議」に同じ。 「此-の済むまでは、爰を通さじと/浮世草子・一代男 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

僉議の関連キーワード指し紙・差し紙・指紙・差紙都評議使司自然居士坊門清忠浮世草子住するに於て門下府牒状勝事貝鐘請文直頭安裕延年