僉議(読み)せんぎ

精選版 日本国語大辞典「僉議」の解説

せん‐ぎ【僉議】

〘名〙 (「僉」は皆(みな)の意)
多人数で評議すること。また、その評議。衆議。評議・評定の結果をもいう。
※三代格‐五・延暦一二年(793)正月六日「其自外入内叙当位之階、則優昇超次僉議未允」 〔沈約‐授蕭恵休右僕射詔〕
② (「詮議」と誤って用いられたもの) =せんぎ(詮議)
※虎寛本狂言・横座(室町末‐近世初)「ただいまよりあれへ参り、僉議致いてもらおうと存ずる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「僉議」の解説

せん‐ぎ【×僉議】

[名](スル)《「僉」は皆の意》
多人数で評議すること。また、その評議。衆議。「村民が集まって僉議する」
詮議せんぎ2」に同じ。
「この—の済むまではここを通さじ」〈一代男・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「僉議」の解説

せんぎ【僉議】

日本の中世社会で,多人数の集会において評議することをいう。また衆議,評定の結果をもいう。《類聚三代格》五,延暦12年(793)1月6日のに,〈其ノ外ヨリ内ニ入リ当位ノ階ニ叙ス,則チ優昇シテ次ヲ超ス。僉議未ダ充ハズ,刑ヲ行ウノ日ニ至リテ辞訳スルヲ聴サズ〉とあり,また《節用集》に,〈僉とは皆也,大衆ノ評定ノ義也〉とあるのは上記の釈義の根拠となろう。僉議は詮議と誤って使用されて常用化している。しかし,後者は同じく〈せんぎ〉と読まれているが,その意義は評議して物事を明らかにすること,あるいは罪人取調べ吟味,罪人の捜索を意味する語で,まったく別義の語句である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android