コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牢記 ロウキ

デジタル大辞泉の解説

ろう‐き〔ラウ‐〕【×牢記】

[名](スル)しっかり心にとどめて忘れないこと。銘記。
「父のために憂え、某のために惜んで、心にこれを―していた」〈鴎外渋江抽斎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうき【牢記】

( 名 ) スル
しっかり心にとどめ記憶すること。銘記。 「心にこれを-してゐた/渋江抽斎 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

牢記の関連キーワード銘記

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android