コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牢記 ロウキ

デジタル大辞泉の解説

ろう‐き〔ラウ‐〕【×牢記】

[名](スル)しっかり心にとどめて忘れないこと。銘記。
「父のために憂え、某のために惜んで、心にこれを―していた」〈鴎外渋江抽斎

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうき【牢記】

( 名 ) スル
しっかり心にとどめ記憶すること。銘記。 「心にこれを-してゐた/渋江抽斎 鷗外

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

牢記の関連キーワード銘記

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android