コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拳拳服膺 ケンケンフクヨウ

デジタル大辞泉の解説

けんけん‐ふくよう【拳拳服×膺】

[名](スル)《「礼記中庸から。「服膺」は胸につけて離さない意》心に銘記し、常に忘れないでいること。
「父親のその遺言を―し」〈梅崎砂時計

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんけんふくよう【拳拳服膺】

( 名 ) スル
〔中庸〕 〔「服膺」は胸に着ける意〕
常に心中に銘記し、忘れないこと。 「 -すべき信条である/此一戦 広徳

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

拳拳服膺の関連キーワード硏・乾・件・倦・倹・健・儉・兼・券・剣・劍・喧・圈・圏・堅・嫌・嶮・巻・建・憲・懸・拳・捲・検・権・檢・權・牽・犬・狷・献・獻・県・眷・瞼・研・硯・絢・絹・縣・繭・肩・虔・見・謙・譴・賢・軒・遣・鍵・間・険・險・顕・顯・験・驗

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android