コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧二郎 まきじろう

2件 の用語解説(牧二郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧二郎
まきじろう

[生]1929.1.10. 東京,東京
[没]2005.5.31. 京都
理論物理学者朝永振一郎湯川秀樹に次ぐ素粒子理論の先駆者としてクォークニュートリノ研究で先駆的な成果を残した。1949年東京文理科大学に入学,朝永の薫陶を受け中間結合理論を協同で研究したのち,1955年名古屋大学坂田昌一研究室に入り,1961年同大学助教授となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧二郎 まき-じろう

1929-2005 昭和後期-平成時代の物理学者。
昭和4年1月10日生まれ。東京文理大で朝永振一郎にまなぶ。名大助教授をへて,昭和43年京大教授。京大基礎物理学研究所所長,日本物理学会会長などをつとめる。専門は素粒子理論で,「ニュートリノ振動」や「四元クォーク模型」で先駆的な業績をのこし,ノーベル賞候補になった。平成17年5月31日死去。76歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

牧二郎の関連キーワード三輪良平阿部照哉大塚正徳大歳克衛桂芳久甲田綏郎鈴木尚之諏訪優津金孝邦福田甲子雄

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牧二郎の関連情報