コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧二郎 まきじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧二郎
まきじろう

[生]1929.1.10. 東京,東京
[没]2005.5.31. 京都
理論物理学者。朝永振一郎湯川秀樹に次ぐ素粒子理論の先駆者としてクォークニュートリノ研究で先駆的な成果を残した。1949年東京文理科大学に入学,朝永の薫陶を受け中間結合理論を協同で研究したのち,1955年名古屋大学の坂田昌一研究室に入り,1961年同大学助教授となる。ここで素粒子の「坂田モデル」を拡張し,クォーク模型にさきがけて四つの基本粒子を設定するモデルを提唱した。1962年坂田,中川昌美とニュートリノ振動の可能性を指摘,1998年にこの理論が実験的に検証された。1967年京都大学基礎物理学研究所教授,1970年に同研究所 2代目所長に就任。ノーベル賞候補にあがった。1977年仁科記念賞,2002年素粒子メダルを受賞。(→素粒子物理学

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧二郎 まき-じろう

1929-2005 昭和後期-平成時代の物理学者。
昭和4年1月10日生まれ。東京文理大で朝永振一郎にまなぶ。名大助教授をへて,昭和43年京大教授。京大基礎物理学研究所所長,日本物理学会会長などをつとめる。専門は素粒子理論で,「ニュートリノ振動」や「四元クォーク模型」で先駆的な業績をのこし,ノーベル賞候補になった。平成17年5月31日死去。76歳。東京出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

牧二郎の関連キーワード高エネルギー物理学自己エネルギー超多時間理論チャーム粒子S行列理論交換関係相互作用物理学者素粒子論仮説

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牧二郎の関連情報