コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物理冶金 ぶつりやきん

2件 の用語解説(物理冶金の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

物理冶金【ぶつりやきん】

金属組織学および金属物理学を基礎部門とし,合金,熱処理塑性加工などを応用部門とする学問および技術。応用部門は鋳造鍛造圧延粉末冶金溶接などを含み,製造冶金または加工冶金呼ばれる
→関連項目金属組織学冶金

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物理冶金
ぶつりやきん
physical metallurgy

鉱石から金属を製錬して、各種の金属材料を製造する技術を冶金という。この冶金に関する科学は物理冶金学、化学冶金学、加工冶金学に大別され、物理冶金では結晶構造の解析、組織の観察、物理的特性の制御などを取り扱う。なお、近年は、冶金学を金属工学、物理冶金を金属物理ということが多い。[西沢泰二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物理冶金の関連キーワード応用物理学金相学古典物理学組織学俵国一物性物理学冶金薬理学量子物理学宇野伝三

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone