コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物理冶金 ぶつりやきん

百科事典マイペディアの解説

物理冶金【ぶつりやきん】

金属組織学および金属物理学を基礎部門とし,合金,熱処理塑性加工などを応用部門とする学問および技術。応用部門は鋳造鍛造圧延粉末冶金溶接などを含み,製造冶金または加工冶金呼ばれる
→関連項目金属組織学冶金

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物理冶金
ぶつりやきん
physical metallurgy

鉱石から金属を製錬して、各種の金属材料を製造する技術を冶金という。この冶金に関する科学は物理冶金学、化学冶金学、加工冶金学に大別され、物理冶金では結晶構造の解析、組織の観察、物理的特性の制御などを取り扱う。なお、近年は、冶金学を金属工学、物理冶金を金属物理ということが多い。[西沢泰二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone